忍者ブログ

藤原歌劇団、ロッシーニ、"チェネレントラ"

2018.04.29 - 演奏会

ma



藤原歌劇団によるロッシーニ「チェネレントラ」公演に足を運びました(2018年4月28日、新百合ヶ丘、テアトロ・ジーリオ・ショウワにて)。

この劇場に来るのは初めて。馬蹄型の意匠と容量は日比谷の日生劇場に似ているけど、こちらのほうがずっと新しい。変な言い方だけど、まだ手垢がついていない感じ。実際に聴くと、残響は適度にあるし、歌手・ピットのオケともども満遍なく届いていた感じ。舞台の奥行きもなかなか深い。二階やや右の席でした。

演奏は、園田さんの堅実なリードが柱となって進みました。この指揮者を聴くのは2度目ですが、じつに手堅い。けっしてハメを外さないし、テンポ・音量のバランスがよく、安心して舞台に集中できました。

歌手はアンジェリーナを始めとして、アンサンブルとしての立ち位置をよく考えた歌唱を聴かせてくれ、こちらも安定していました。
強いていえば、爽やかなドン・ラミーロと小悪魔のように愛らしいクロリンダが好きかな。

演出は、真ん中に巨大な本をモチーフに置いたシンプルな舞台。
この台本の寓話性を際立たせたものだったのかなと推察します。














ma
 
パースのビッグムーン。









PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 3
5 6 7 8 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー