忍者ブログ

選択したカテゴリの記事一覧

ルドルフ・ゼルキン、シューベルト"20番"

2019.02.12 - 映画音楽

ma




]ルドルフ・ゼルキンのピアノで、シューベルトのピアノ・ソナタ20番を聴きました(1966年2月、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオでの録音)。


最近この曲を、ポリーニのピアノで毎晩のように聴いています。これは、1985年のザルツブルクでのライヴで、NHKFMからエアチェックしたもの。カセットテープの塩梅によるのかもしれないけれど、音が存外柔らかい。ニュートラルなスタイルはいかにも彼らしいところ。


それに比べて、ゼルキンのはメリハリが強い。エッジが効いていると言うか、滑舌がハッキリしている。なので1楽章は極めて快活。聴いて元気が出るくらい。2楽章ではそれに相対するような佇まいを醸し出しています。
シューベルトの晩年の作品にはときおりデモーニッシュな陰が伺えるとはよく言われるところですが、この作品においては2楽章がそれにあたるように感じます。ゼルキンのピアノは力強く、躊躇なく、迷いなく、シューベルトの深淵に深く斬り込み、その暗部を白日の下にさらけ出しているかのよう。
3,4楽章は、明るいトーンが曲にすんなり馴染んでいて、健康的と感じられるほど。


全曲を通して、とても聴きごたえのある演奏です。
PR
   Comment(1)    ▲ENTRY-TOP
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー