忍者ブログ

選択したカテゴリの記事一覧

東京クァルテット、ハイドン"皇帝"

2016.03.24 - ハイドン

ma
 

東京クァルテットの演奏で、ハイドンの弦楽四重奏曲77番「皇帝」を聴く。

この団体を気にし始めたのは、この数年のこと。気がついたら、解散していた。間が悪いことこの上ない。

モーツァルト、ベートーヴェン、そしてこのハイドンを聴いたが、世界に名だたる四重奏団に劣らない。特にベートーヴェンに関しては、バリリSQ、ブダペストSQ、ジュリアードSQ、イタリアSQ、ラサールSQといったところと比べても、バランス感の良さ滑舌の良さでは、東京が勝ると思う。
自然なテンポ、確かな音程、明るい音色、とてもいい。

私見では、日本が世界に誇るクラシック音楽家のなかでは、武満、若杉、ミドリ、内田、庄司、小澤、藤村らを抑えて堂々のナンバーワンなのだ。

このハイドンもいい。ハイドンの四重奏は一時期、変な演奏を聴いてツマラナイ曲だと誤解していた。
でも彼らの演奏で聴くと、高度に知的でありつつ、じっくりと愉悦にも浸れる音楽だ。格調高い。

東京クァルテットは、丸谷才一の下世話な小説のモデルともされているが、誰だって私生活に問題を抱えているもの。
今は残されたディスクをありがたく聴くばかりである。


原田幸一郎(第1ヴァイオリン)
池田菊衛(第2ヴァイオリン)
磯村和英(ヴィオラ)
原田禎夫(チェロ)

 
1978年6月、ニューヨーク、コロンビア30番街での録音。





ma
 
朝。









PR
   Comment(1)    ▲ENTRY-TOP
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
3 5 6 7 8
9 10 12
18 20
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
ロストロポーヴィチ、チャイコフスキー"5番" from:rudolf2006
-07/21(Fri) -
インバル指揮 東京都交響楽団演奏会、"大地の歌" from:アソー
-07/19(Wed) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:本が好き!運営担当
-07/04(Tue) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:yoshimi
-07/01(Sat) -
カラヤン、プッチーニ、"ボエーム" from:neoros2019
-06/24(Sat) -
カテゴリー