忍者ブログ

選択したカテゴリの記事一覧

カラヤン、シェーンベルク"浄夜"

2016.09.15 - シェーンベルク

ma

 

カラヤン指揮ベルリン・フィルの演奏で、シェーンベルク「浄夜」(弦楽合奏版)を聴く(1973年12月、ベルリン、フィルハーモニーでの録音)。


この曲を久しぶりに聴いた。カラヤン、ブーレーズと続けて。

カラヤンの後にブーレーズを聴くと、後者が色褪せて聴こえる。ブーレーズもいいのだが、音色そのもので勝負しているわけではないから、響きの豊満さではカラヤンが上をいく。カラヤン時代のベルリン・フィルは、弦楽器が強くて濃厚だから管楽器がひきたたない。なのであまり好みではないのだが、こういう曲は気にならない。弦の厚みが、スゴイ。

ウェーベルンとベルクはわりとよく聴くけれど、シェーンベルクはあまり聴かない。特に後期の作品は、難解というよりも出来に問題があるケースが多いように思う。学問的には優秀かもしれないが、音楽としてどうかな、と。けれど、この曲や「グレの歌」あたりの、まだ後期ロマン派の匂いがぷんぷんする曲は、いいと思う。ちなみにこれが作られたのは、マーラーの交響曲4番と同じ頃。


これは器楽曲だから歌詞はないが、リヒャルト・デーメルの詩にインスパイアされて作ったとされている。
詩の内容をおおざっぱに言えば、他の男の子供を孕んだ女が、男に告白し、許してもらう、というもの。月夜のことである。

ベートーヴェンやドビュッシーもいいが、月夜にはこの曲を思い出す。

我が家からの月はぼんやりしていて、見えたり見えなかったり。













ma
 
屋根の上のパーティ。







PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
3 5 6 7 8
9 10 12
18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カラヤン、プッチーニ、"ボエーム" from:bandar adu ayam terpercaya
-07/21(Fri) -
ロストロポーヴィチ、チャイコフスキー"5番" from:rudolf2006
-07/21(Fri) -
インバル指揮 東京都交響楽団演奏会、"大地の歌" from:アソー
-07/19(Wed) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:本が好き!運営担当
-07/04(Tue) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:yoshimi
-07/01(Sat) -
カテゴリー