忍者ブログ

選択したカテゴリの記事一覧

人生?いろいろ、プーランク、"ホルンとトランペットとトロンボーンのソナタ"

2014.10.26 - プーランク

so




空を飛ぶ人。


so







そろそろ冬眠に入る人。


so





メヤルディたちの演奏で、プーランクのホルン、トランペットとトロンボーンのためのソナタを聴く。

この曲はプランクが22,3歳の頃に書かれた。まだケクラン門下で勉強をしているときの作品である。が、プーランクの匂いというか色は、既に濃厚に出ている。
ピアノの伴奏がないところが、なんとなくプーランクっぽくもあるし、またソナタといいつつもかなり自由に書かれているので、味わいは一種のディヴェルティメントのよう。

トランペットの歌がなんとも軽快で爽やかな1楽章。ホルンとトロンボーンはもっぱら伴奏に徹している。ときおり顔をのぞかせる不協和音がユーモラス。

次はトランペットの響きが少しばかり憂鬱な2楽章。ホルンの音色はリードのついた木管楽器のようで美しい。まるで日曜の昼下がりのよう。

運動会の借り物競走のような3楽章。わさわさしている。

軽やかで、素晴らしい3人の奏者。


フレデリック・メヤルディ(トランペット)
フランシス・オーヴァル(ホルン)
ギョーム・コテ=デュモーラン(トロンボーン)



2006年8月、サント=マリー=オー=ミーヌ、サン=ピエール=シュル=ラート教会での録音。




おでんとツイッター始めました!




ma


いただきマス。













PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 3
6 7 8 10
13 14 16 17
20 21 22 24 25
26 27 28
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー