忍者ブログ

選択したカテゴリの記事一覧

ルービンシュタイン、シェリング、フルニエ、シューマン"1番"

2018.04.11 - シューマン

ma



ルービンシュタイン、シェリング、フルニエのトリオによる、シューマンのピアノ三重奏曲1番を聴きました(1972年9月、ジュネーヴ、ヴィクトリア・ホールでの録音)。

このCDボックスはシューベルトを聴くために購入したようなものだけど、このシューマンも素晴らしい。芳香が匂い立つような憂いがあって。この作品は、クララの誕生日を祝って書かれたそうです。

1楽章は「精力と情熱をもって」、ヴァイオリンのメランコリックなポルタメントに魅せられます。とりわけ、シェリングが好調。じつにロマンティック。
2楽章は「生き生きと、しかし速すぎずに」、彼らしい、スプーンひと匙の霊感を湛えた、トリッキーなリズムが面白い。中間部はしっとり。3人の息遣いは、見事にピッタリと揃っています。
3楽章、「ゆっくりと、心からの感情をもって」、ヴァイオリンとチェロの、端正で伸びやかな響きにうっとりさせられます。ここではピアノはあくまで引き立て役。
4楽章は「熱情をもって」、天空を舞うようなおおらかな第1主題と、内にひきこもるような第2主題とのコントラストが面白い。キレのある弦楽器に加え、覇気のあるピアノも光ります。










ma
 
パースのビッグムーン。


















PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8
10 11 13 14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー