忍者ブログ

選択したカテゴリの記事一覧

クレンペラー、メンデルスゾーン"真夏の夜の夢"

2016.12.10 - メンデルスゾーン

ma




クレンペラー指揮フィルハーモニア管弦楽団の演奏で、メンデルスゾーンの「真夏の夜の夢」を聴く(1960年1-2月、ロンドン、アビー・ロード第1スタジオでの録音)。

中学生の頃、この曲を好きすぎて毎晩寝る前に聴いていた。演奏は、プレヴィン指揮ロンドン交響楽団。図書館で借りたレコードをロケットのカセットテープ(5本で千円だった)に焼いたものを、寝床で聴いていた。1年くらいは聴いていただろうか。あれはいったい、なんだったのだろう。

そういうわけで「真夏の夜の夢」はプレヴィンのものをいまだに好んでいるのだが、同じころにこのクレンペラーの演奏も聴いた。メルヘンの香りが濃厚なプレヴィンに対し、男のロマンが漂うゴツイ演奏、という感想を持った。これはこれで、素晴らしかった。

それから40年近くたって、改めてクレンペラー。

全体的な印象は当時とあまり変わらないが、ゴツイだけではなく、じつは細部を丁寧に磨きあげていることがわかる。「序曲」は右から聴こえるヴァイオリンがとても効果的だし、「スケルツォ」での木管の沸き立つ様子は楽しい。白眉は、「舌先裂けたまだら蛇」。ふたりの歌手のしっとりとした歌いぶりは、むせかえるような芳香を漂わせつつ、たっぷりとした貫禄がある。まったくもって、目覚ましい歌唱。木管楽器を強調したクレンペラーのリードもいい。「間奏曲」以降も、明確で骨太な演奏。

やはりこれは、「真夏の夜の夢」のディスクを語る上で、はずせない演奏だと思う。


ヘザー・ハーパー(ソプラノ)
ジャネット・ベイカー(メゾ・ソプラノ)
フィルハーモニア合唱団













ma
 
パースのビッグムーン。








PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
3 5 6 7 8
9 10 12
18 20
24 25 27 28 29
30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
ロストロポーヴィチ、チャイコフスキー"5番" from:rudolf2006
-07/21(Fri) -
インバル指揮 東京都交響楽団演奏会、"大地の歌" from:アソー
-07/19(Wed) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:本が好き!運営担当
-07/04(Tue) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:yoshimi
-07/01(Sat) -
カラヤン、プッチーニ、"ボエーム" from:neoros2019
-06/24(Sat) -
カテゴリー