忍者ブログ

日生劇場、モーツァルト、"コジ・ファン・トゥッテ"

2018.11.12 - 演奏会
ma



ニッセイ名作シリーズによる、モーツァルトの「コジ・ファン・トゥッテ」公演に足を運びました(2018年11月11日、日比谷、日生劇場にて)。


まず演出が風変わりでした。フィオルディリージとドラベッラがAI(アンドロイド)という設定であり、衣装も舞台もSFの世界。それに加えてプロジェクション・マッピングを多用しており、視覚的に強い刺激のあるものでした。何年か前に「ポケモン」のテレビが問題になったけど、あれよりずっと激しい。子供が見たら卒倒してしまうかも。
オペラは、まず歌とオーケストラを聴くべきもので、舞台はオーソドックスなものでいいという趣向の古い人間だから、音楽を邪魔するような演出には抵抗がある。象徴的なシーンがあると、つい考えようとしてしまう。たいして意味はないくせに。
もしオペラの舞台に真実のようなものを求めるならば、ここにはなかったように思う。真実のようなものは実生活から滲み出るものだから。まあ、好みですが。

さて、歌手ではデスピーナと、代役だったらしいドラベッラを気に入りました。前者は変装のたびに声色を巧みに変え、ユーモアたっぷりの歌声と演技を披露してくれたし、後者は音程の確かな歌から漂う、仄かな色香が心地よいものでした。

コーラスはとても締まっていて聴きごたえがあった。
オーケストラはモダンとピリオドの折衷的なスタイルを思われ、キビキビとキレのある音楽を聴かせてくれました。

月並みだけれど、こうして実演を聴くとやはり「コジ」はいいと感じないわけにいかないし、「ドン・ジョヴァンニ」や「魔笛」に勝るとも劣らないどころか、こちらのほうが今の気分では好きです。


フィオルディリージ:髙橋 絵理
ドラベッラ:杉山 由紀
フェルランド:村上 公太
グリエルモ:岡 昭宏
デスピーナ:腰越 満美
ドン・アルフォンソ:大沼 徹

指揮:広上 淳一
管弦楽:読売日本交響楽団
合唱:C.ヴィレッジシンガーズ

演出:菅尾 友












PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2
5 6 7 8 9
13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー