忍者ブログ

ビシュコフ、メンデルスゾーン、"スコットランド"

2017.08.18 - メンデルスゾーン

ma




ビシュコフ指揮ロンドン・フィルの演奏で、メンデルスゾーンの交響曲3番「スコットランド」を再び聴きました(1986年12月、ロンドン、トゥーティングでの録音)。



ロンドン・フィルは、初めて聴いた海外のオーケストラ。1980年にショルティの指揮で、「ニュルンベルクのマイスタージンガー」前奏曲が鳴ったときの、ホール全体を包み込むような馥郁たる香りは、一生忘れることができないでしょう。

若きビシュコフがリードをしたこのディスクでも、その一旦を垣間見る(聴く?)ことができます。
弦楽器は、しなやかであり、弾力があります。それは1、3楽章において、とりわけ顕著。適度な湿り気を帯びているところは、あたかも濡れた瞳のよう。そして、ときおりみせるポルタメントは、零れ落ちる涙。
木管楽器は、2楽章で活躍するわけですが、ふくよかなファゴットと鮮烈なオーボエ、クラリネットを聴くことができます。
ビシュコフの硬軟織り交ぜた指揮は、生まれたての若芽のようにいきいきしています。デリカシーにも事欠かない。

「スコットランド」の名盤のひとつに挙げたいディスクです。








ma
 
パースのビッグムーン。













PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4
6 7 9 10 11 12
14 16 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カテゴリー