忍者ブログ

選択したカテゴリの記事一覧

マルセイバターサンド、フォーグラー、ショスタコーヴィチ"チェロ協奏曲1番"

2012.04.21 - ショスタコーヴィチ

sh


フォーグラー(Vc) ジェイコブセン指揮ザ・ナイツ・アンサンブル

 

ヤン・フォーグラーのチェロでショスタコーヴィチを聴く。
どっしりとしてきめ細かい音色は、あたかもバリトンの美声を聴いているよう。何百年もの時を経た大木のような重厚な音を聴かせてくれる、というのは、彼はドレスデン・シュターツカペレの元首席チェリストという先入観から。
テクニックにも問題はなく、速いパッセージを楽々こなす。なかでも魅力なのは、ゆっくりとした低音部。威圧的ではなく、自然に湧き出るような音色が心地よい。

オーケストラは軽い。ヴァイオリンが合わせて12丁、コントラバスが2台だから、編成そのものは小さい。チェロに対抗するには、これくらいが最適なのかもしれない。
なかでは、ファゴットとホルンが秀逸。弦楽の味はやや薄め。

終りに拍手が入る。熱狂的だがパラパラ。親密感がある。コンサートホールではなく、ライヴハウスでやっているようだ。


2008年10月15-16日、ニューヨークでのライヴ録音。




くも膜下出血で入院している友人を見舞いに行ったら、逆に手土産をもらった。
ビスケットに、たっぷりのバターとレーズンが挟んである。ウィスキーによく合うし、コーヒーにもいいだろう。
ありがたいことである。
早く退院できるといいね。

ma


PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
3 5 6 7 8
9 10 12
18 20
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
ロストロポーヴィチ、チャイコフスキー"5番" from:rudolf2006
-07/21(Fri) -
インバル指揮 東京都交響楽団演奏会、"大地の歌" from:アソー
-07/19(Wed) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:本が好き!運営担当
-07/04(Tue) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:yoshimi
-07/01(Sat) -
カラヤン、プッチーニ、"ボエーム" from:neoros2019
-06/24(Sat) -
カテゴリー