忍者ブログ

選択したカテゴリの記事一覧

マルティノン、フランク"交響曲ニ短調"

2016.09.13 - フランク

ma

 

ジャン・マルティノン指揮フランス国立放送管弦楽団の演奏で、フランクの交響曲ニ短調を聴く(1968年、12月、フランス、国立放送での録音)。


フランス系の作曲家のシンフォニーを聴くからといって、むやみにおフランス色を求めているわけではない。例えば、パリ管弦楽団は創設されてからすぐに粛清(?)があり、現代的な音色に変わっている。
それに比べれば、同じフランスの放送局のオーケストラは、比較的、おフランス色が残っていたのではないだろうか。少なくとも、1970年代くらいまでは。

この録音は60年代であるから、おフランスは残っていると期待していい。けれども、いざとなって聴いてみると、当時のパリ音楽院管弦楽団みたいな音はしていない。たっぷりとヴィブラートのかかったホルンとか、軽やかであっけらかんとしたファゴットとか。そこまでの味わいはない。けっこう、現在的である。スマート。かろうじて、オーボエがときおりチャルメラみたいな音を出していて、ちょっと愉快かな、といったところ。

なので演奏は全体的にすっきりと洗練されており、ツッコミどころがないのが寂しい。

思えば、マルティノンは、ライナーの後にシカゴ交響楽団の音楽監督になった人物。国際的な感覚を多く持ちあわせていたのだろう。

この演奏は、陰影があってよい。
けれど、マルティノンがその気ならば、より機能が高い、アメリカのオーケストラで聴きたかったとも思う。












ma
 
屋根の上のパーティ。








PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
3 5 6 7 8
9 10 12
18 20
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
ロストロポーヴィチ、チャイコフスキー"5番" from:rudolf2006
-07/21(Fri) -
インバル指揮 東京都交響楽団演奏会、"大地の歌" from:アソー
-07/19(Wed) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:本が好き!運営担当
-07/04(Tue) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:yoshimi
-07/01(Sat) -
カラヤン、プッチーニ、"ボエーム" from:neoros2019
-06/24(Sat) -
カテゴリー