忍者ブログ

ルバッキーテ、フランク"前奏曲、コラールとフーガ"

2019.06.30 - フランク

ma



ムーザ・ルバッキーテのピアノで、フランクの「前奏曲、コラールとフーガ」を聴きました(2008年の録音)。


この曲、リヒテルの来日公演の模様をエアチェックしたものをたまに取り出します。堅牢でスケールが大きく、そして柔らか。聴くとたいていは感銘を受けるけれど、CDは持ち合わせていなかった。
名曲と云われているが、山野楽器の店頭には、案外と多くのヴァリエーションはない。なので、なんとなく目についたこれを入手。

彼女のピアノは、音に深みがあって、おおらか。厚みのある音色は心地よい。フランクはオルガニストでもあったからだろう、ピアノ曲においてもオルガン的な響きを醸成する、といったような声をたまに聞く。なるほど、「コラール」を聴くと、総じて音符が長い。云われてみればそうなのかもしれない。
「フーガ」は技巧的難易度が高いと思われるけど、あっさりと弾き抜ける。重心はやや高め、高音が輝かしい。

全体を通して、爽やかな後味のある演奏であると感じます。











PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー