忍者ブログ

選択したカテゴリの記事一覧

"恋しくて"、ペルノー、オッフェンバック"チェロ協奏曲"

2013.10.20 - オッフェンバック

ma




村上春樹が翻訳・編集した「恋しくて」を読む。

マイリー・メロイの「愛し合う二人に代わって」は幼馴染のふたりが代理結婚を重ねながら、お互い紆余曲折を経て人生に立ち向かう話。ど真ん中ストレートの恋愛小説。これは、好きだ。

デヴィッド・クレーンズの「テレサ」は、少年の片思いの話。短いが甘酸っぱい味が懐かしい。

トバイアス・ウルフ 「二人の少年と、一人の少女」は一人の女をめぐる三角関係の話。アメリカ映画によくありそうなストーリー。

ぺーター・シュタム 「甘い夢を」は、どこにでもありそうな二人のカップルの話。近いうちに別れるのじゃないかないかと予測させる。

ローレン・グロフ 「L・デバードとアリエット」は、妊娠させた娘の両親に去勢される気の毒な男の話。「アベラールとエロイーズ」がヒントになっているに違いない。

リュドミラ・ぺトルシェフスカヤ 「薄暗い運命」は、妻子ある男に恋する中年女の話。いささか薄暗い掌握小説。

アリス・マンロー 「ジャック・ランダ・ホテル」は、新しい女と駆け落ちした男を追って、カナダからオーストラリアに移住して、他人になりすまして男に接触を図る女の話。怖い。

ジム・シェパード 「恋と水素」は、飛行船「ヒンデンブルク」の乗員であるゲイのカップルの話。あまり興味なし。

リチャード・フォード 「モントリオールの恋人」は、金持ちの弁護士が不倫相手の夫に絡まれる話。まあ、どうでもよい。

村上の「恋するザムザ」は、以前に書いたとおり。











ペルノーのチェロでオッフェンバックのチェロ協奏曲「軍隊風」を聴く。

オペラ作曲家で知られるオッフェンバックは、実はチェロの名手であったらしい。そんな彼が作ったコンチェルトとはいかに。40分を超える大曲である。

これは、チェロのパガニーニである。
技巧をひけらかしまくっている。赤面するほど。
重音奏法、フラジオレット奏法、超高音域でのアルペッジオ・・・。

そして、楽想も明るい。一直線にノーテンキである。陰影というものがない。それはもう徹底している。潔くて、気持ちがいいくらいだ。

チェロは基本的に、オペレッタのアリアのような役回り。低い声から高い声まで、縦横無尽に走り回る。
オケは伴奏に徹している。色彩が鮮やかで楽しい。

というわけで、このジャンルで同様の規模を持つドヴォルザークのそれとは内容の深さにおいて比較するべくもないが、気楽に愉しむにはこれを選択するのも一興かもしれない。
ただ、何度も繰り返し聴くような音楽ではないかな。



ジェローム・ペルノー(チェロ)
マルク・ミンコフスキ指揮 レ・ミュジシャン・デュ・ルーヴル



2006年1月、グルノーブルでの録音。











ma


エバーラスティングの絨毯。















PR
   Comment(1)    ▲ENTRY-TOP
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
3 5 6 7 8
9 10 12
18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カラヤン、プッチーニ、"ボエーム" from:bandar adu ayam terpercaya
-07/21(Fri) -
ロストロポーヴィチ、チャイコフスキー"5番" from:rudolf2006
-07/21(Fri) -
インバル指揮 東京都交響楽団演奏会、"大地の歌" from:アソー
-07/19(Wed) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:本が好き!運営担当
-07/04(Tue) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:yoshimi
-07/01(Sat) -
カテゴリー