忍者ブログ

選択したカテゴリの記事一覧

デュトワの「フランス山人の歌による交響曲」

2006.12.08 - ダンディ
ダンディ

デュトワ指揮モントリオール饗 ティボーデ(Pf)/ダンディ「フランス山人の歌による交響曲」


今夜は、会社でコンピュータ・システムの入れ替えがあるため夜勤である。もう少ししたら出かけるのだが、出社前に音楽を聴いたりこうして記事を書くのはなんだか落ち着かないものだ。
いつもは酩酊状態なので、好き勝手なことをダラダラと書いて、毎回出来の悪さを全開にしつつも自己満足にひたっているのだが、今はなんだか気が重い。
好きなことをする次の動作が、→寝る→仕事ということと、→仕事とが、こうも私にとって違うことなのが不思議である。それとも呑んでいるかどうかの違いなのか。
呑んじゃおうかな!?

ダンディのこの曲は、作曲者が夏にフランスの山岳地方で耳にした牧歌で、その地名がセヴァンヌだったということで「セヴァンヌ交響曲」という別名で呼ばれることもあるらしい。私はこの曲をあまり頻繁に聴かないが、いい天気の中を澄んだ空気をすいこみながら散歩しているような爽快な感覚をおぼえるとともに、とりとめのない印象も残る。

デュトワのモントリオールは、軽くてふわふわとした色彩感たっぷりな音色を惜しげもなくまきちらして耳に心地よい。この人のこうした音色作りは徹底している。そしてむやみにレパートリーを広げようとしないところがいい。フランス・ロシアを演奏することに徹した職人として、信頼の置ける指揮者である。
ティボーデのピアノも軽快。ティボーデは、東京国際音楽コンクールの第1回目のピアノ部門で優勝した人であるが、こうして活躍しているのを見るとちょっと嬉しい。といっても、このCDは17年も前の録音であるが。愛国心のなせるわざか?




★音楽blogランキング!

★にほんブログ村 クラシックブログ




無料メルマガ『究極の娯楽 -古典音楽の毒と薬-』 読者登録フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。




登録フォーム



解除フォーム




PR
   Comment(2)   TrackBack(1)    ▲ENTRY-TOP
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1
4 6 7 9
12 14 15
19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー