忍者ブログ

選択したカテゴリの記事一覧

"世の光"、バーンスタイン、"展覧会の絵"

2015.09.21 - ムソルグスキー





ヘミングウェイ(高見浩訳)の「世の光」を読む。

これは、ある町をぶらりと訪れた若者ふたりが、駅の待合室で人びとと交流した様子を描いた小説。

話の中心は若者たちではなく、待合室にいたでっぷりと太った娼婦の自慢話。見た目、体重160キロはあるだろう淑女は、知らぬもののいないほどの有名なボクサーは、じつは自分の男だったことを延々と語る。みんな呆けた表情で聞き入っている。その話が佳境にはいったとき、別の娼婦が待ったをかける。でたらめばっかり言って、この恥知らず。彼は私の男だったのよ。そして彼女も彼の話を始める。。

ほとんど内容のないお話。ヘミングウェイの短編には、こういうものが多いようだ。
全ての物事に意味を求めちゃいけないよ、とは大学生の頃にいがらしみきおから教わった。当時は斬新だと思ったものだが、今思えば世間は意外なほど無意味なものに満ちている。








バーンスタイン指揮ニューヨーク・フィルの演奏で、ムソルグスキー(ラヴェル編曲)の「展覧会の絵」を聴く。

ニューヨーク・フィル時代のバーンスタインが好きだ。とくに1950年代から1960年代半ばくらいの頃。なんといってもイキがいい。生きるヨロコビや哀しみを真正面からストレートにぶつけてくるから、気持ちがいい。
そして特筆できるのは、CBSの録音。ウチの廉価な装置だからそう感じるのかもしれないが、現在の録音と比べてもひけをとらないくらいにクリアーだ。ステレオ初期のこの時代、リヴィング・ステレオ(RCA)、デッカも素晴らしいが、CBSはそれらに劣らない。演奏そのものの価値もさることながら、録音技術においても今じゅうぶんに通用するから、現役のディスクであり続けられるのだろう。

さて、バーンスタインの「展覧会の絵」は、オーケストラは雄弁でありつつも、クールな演奏だと思う。オーケストラをどのように鳴らすかに工夫を置いたからかもしれない。どの場面においても、副声部がキッチリと聴こえるので、全体の見通しがいい。

いまさらだけど、ラヴェルの編曲は秀逸だ。冒頭をトランペットでキメたことが勝因なのじゃないだろうか。


1958年10月、ニューヨーク、ブルックリン、セント・ジョージ・ホテルでの録音。




ma
 
冬。





重版できました。




「ぶらあぼ」4月号に掲載されました!







PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
2 4
6 8 9 11
13 14 15 17 18
20 21 23 25
26 27 28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
"好色一代男"、クレンペラー、シューマン"4番" from:Lazaro
-03/24(Fri) -
"好色一代男"、クレンペラー、シューマン"4番" from:Lazaro
-03/24(Fri) -
"好色一代男"、クレンペラー、シューマン"4番" from:http://opersonaltrainer.com.br/professor/
-03/24(Fri) -
ヴァンスカ、シベリウス"3番" from:vendedor online internacional funciona
-03/24(Fri) -
"好色一代男"、クレンペラー、シューマン"4番" from:bolo caseiro bem fofinho
-03/23(Thu) -
カテゴリー