忍者ブログ

選択したカテゴリの記事一覧

ルチア・ポップ、シューベルト"歌曲集"

2017.06.10 - シューベルト

ma

 

ルチア・ポップのソプラノ、アーヴィン・ゲージのピアノで、シューベルトの歌曲集を聴きました(1983年11月、ロンドン、アビー・ロード・スタジオでの録音)。


ポップは大好きな歌手。今更ながら早世が惜しまれます。生で聴けなかったことは痛恨の極みですが、それを言っても仕方がありません。そのかわり、録音をわりと多く残してくれました。それは私にとって、宝のなかのひとつです。
さて、この歌曲集、すべてがいい演奏。
ポップは声そのものが軽やかでしなやかで可愛らしいうえに、場面によってグッと深い表情もみせる。ときおり、仄かな色香を添えて。
そしてなんといっても、中低音から高音域にずりあがるところの、小鳥の囀りのようなコケティッシュな声は、他のどんな歌手にも出せない魅力だと思います。それを聴きたいために、ディスクを取り出すようなところもある。

そんないいところを特に味わえるのは、「少年」、「ます」、「ばら」、「あふれる愛」、「糸を紡ぐグレートヒェン」、「幸福」。半分くらい占めますね(笑)。
 
ゲージのピアノで印象的だったのは、アライサと録音した「美しい水車小屋の娘」。これは日本公演でもやりました。
この演奏でも彼のピアノ伴奏は鉄板であって、歌手への寄り添いかたのデリケートさ、技術の高さともに当時のトップクラスだったと思います。



わが心に
流れ
少年
ばら

ます
さすらい人が月に寄せて
独りずまい
あふれる愛
若い尼僧
水の上で歌う
糸を紡ぐグレートヒェン
漁師のくらし
泉のほとりの若者
シルヴィアに
幸福











ma
 
パースのビッグムーン。











PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
3 5 6 7 8
9 10 12
18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カラヤン、プッチーニ、"ボエーム" from:bandar adu ayam terpercaya
-07/21(Fri) -
ロストロポーヴィチ、チャイコフスキー"5番" from:rudolf2006
-07/21(Fri) -
インバル指揮 東京都交響楽団演奏会、"大地の歌" from:アソー
-07/19(Wed) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:本が好き!運営担当
-07/04(Tue) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:yoshimi
-07/01(Sat) -
カテゴリー