忍者ブログ

今年に読んだ本ベスト10

2014.12.30 - 日記




【海外篇】

■二都物語 ディケンズ(加賀山卓郎訳)
 甘くて重厚な歴史小説。

■罪と罰 ドストエフスキー(亀山郁夫訳)
 ポルフィーリーとスヴィドリガイロフがいい。

■死の蔵書 ジョン・ダニング(宮脇孝雄訳)
 本好きにはたまらないミステリー。

■自負と偏見 オースティン(小山太一訳)
 イギリスでは18世紀からすでに女が強かったんだね。

■女郎蜘蛛 パトリック・クェンティン(白須清美訳)
 女はしたたかです。

■最後の晩餐の作り方 ジョン・ランチェスター(小梨直訳)
 主人公の狂気が全編に渡って炸裂している。

■スウ姉さん エレナ・ポーター(村岡花子訳)
 男なら誰もがスウ姉さんを好きになるでしょう。

■日本の弓術 オイゲン・ヘリゲル(柴田治三郎訳)
 ドイツ人が日本文化を鋭い目で考察。

■ベロニカは死ぬことにした パウロ・コエーリョ(江口研一訳)
 美しい女が死ぬのはもったいない。 

■O・ヘンリー傑作選Ⅰ(小川高義訳)
 待望の新訳。


【国内篇】

■山の人生 柳田國男
 恐ろしいのは貧乏。

■街場のメディア論 内田樹
 テレビや新聞を信じられなくなる。

■最後の晩餐 開高健
 欲望のおもむくまま食い尽す。

■直感を磨くもの 小林秀雄
 湯川秀樹との丁丁発止のやりとりが面白すぎ。

■弱くても勝てます 髙橋秀実
 爆笑。

■ザボンの花 庄野潤三
 家族の機微を描いたら右に出るものはいない?

■阿房列車シリーズ 内田百閒
 とぼけた味わいと豊かな知性。

■喰いたい放題 色川武大
 立ち飲み屋で読破。

■わたしの献立日記 沢村貞子
 これも立ち飲み屋で。

■酒宴 吉田健一
 読むだけで酔っ払う。


2013年のベスト10

2012年のベスト10

2010年のベスト10

2009年のベスト10



ma


シティ。







PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
3 5 6 7
11 13 15
17 21 22
25 26 27 28 29
30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー