忍者ブログ

今年に読んだ本ベスト10

2013.12.30 - 日記
順不動。

「ニシノユキヒコの恋と冒険」
川上弘美

女たらしの人生を女の視点から描いていて愉快。


「死ねばいいのに」
京極夏彦

ニートの男の鋭い人物批評が面白い。


「冬のフロスト」
R・D・ウィングフィールド(芹澤恵訳)

下品なジョークと行き当たりばったりの捜査が相変わらず痛快。


「ここまで見えた宇宙の神秘」
野本陽代

ハッブル宇宙望遠鏡、すばる望遠鏡がとらえた宇宙の素晴らしい写真。


「神様」
川上弘美

女と熊との切ない恋物語。


「珈琲屋の人々」
池永陽

古き良き商店街の人情が懐かしい。


「鉄鼠の檻」
京極夏彦

トリックもさることながら、人物描写が生々しい。


「初秋」
ロバート・B・パーカー(菊池光訳)

マッチョでキレ者の探偵の優しさにうたれる。


「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」
村上春樹

昔の友達に会いたくなる。


「趣味は何ですか?」
高橋秀実

何に対しても懐疑的な筆者の生温かい視線がいい。





ma

 
インド洋に沈む太陽。
PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 7
9 13
15 17 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー