忍者ブログ

ハスキルのモーツァルト「ピアノ協奏曲№19&27」他

2006.06.28 - モーツァルト
モーツァルトのピアノ協奏曲は、ポークカレーや鰹のタタキと並んで(?)
私の大好物。
「フィガロ」の全曲聴きとおし計画は、今だに実現できていないくせに、
協奏曲は手軽に気軽に取り出してしまう。


ハスキル/モーツァルト

ハスキル/フリッチャイ モーツァルトピアノ協奏曲№19&27」ほか



・ピアノ協奏曲第19番
フリッチャイ指揮ベルリン・フィル。
ハスキルのピアノは一音一音が立っていて、なんともイキがいい。
それをサポートするフリッチャイの、細かなところに手が届くデリカシー
が素敵だ。

・ピアノ協奏曲第27番
フリッチャイ指揮バイエルン国立管。
ピアノのイキのよさはここでも発揮されている。第2楽章では、ほんのかすかな哀愁を漂わす。引き続いて奏される第3楽章の悲しくも楽しげなピアノの旋律を聴いたとき、涙が出そうになった。

・ピアノソナタ第2番
この曲のみ、ステレオ録音。
第2楽章が悲痛だ。P協23番の第2楽章を彷彿とさせる。ウグイスの鳴き声のように始まる第3楽章は、スピード感と色彩感に溢れていて快感だ。


ライナー・ノーツに、このソナタの録音プロデューサーであったハンス・ウェーバーの回想が載っている。


『わたしたちが録音を行っていた教会の前で夕暮れ時に小鳥が鳴かなければ、もう少し早く仕事を終えていたことだろう。小鳥たちの鳴き声が最初の録音テープに入ってしまったがために、セッションが長引いてしまったのである。
しかし後にクララ・ハスキルはエグゼクティヴ・プロデューサーのエルザ・シラー宛に、からかい半分で次のような手紙を書いてよこしたのであった。
「マスターテープには、小鳥のさえずりが残っているほうがいいわね!」と。』


ハスキルは、モーツァルトに加えてシャレもわかるヒトだったようだ。




★古典音楽blogランキング!

★クラシック音楽ブログ集

★にほんブログ村 クラシックブログ




無料メルマガ『究極の娯楽 -古典音楽の毒と薬-』 読者登録フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。




登録フォーム



解除フォーム



PR
   Comment(2)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

無題 - ノボベルト

この19番最高だよね!
2006.07.14 Fri 03:49 [ Edit ]

無題 - 吉田

このコンビが絶妙ですナ。
2006.07.14 Fri 12:05 URL [ Edit ]
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
3 5 6 7 8
9 10 12
18 20
24 25 28 29
30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カテゴリー