忍者ブログ

クヴァストホフの「冬の旅」

2006.06.27 - シューベルト
台湾仕込みのおいしい青菜いため。

1.青菜(空芯菜。ほうれん草や小松菜でも可)を水でよく洗う。
2.ニンニク3粒を包丁で叩き潰して、適当に切る。
3.中華鍋を火にかけて、煙が出るまで熱し、油、青菜を投入。
4.塩、胡椒をふりかけ、30秒ほど炒める。
5.水をコップ1/4くらい入れて2~3分炒めて、できあがり。

安くておいしくて栄養価がある一品。
台湾で数え切れないくらい世話になった料理のひとつ。
汚い場末の店で、これまた小汚いオヤジが作っていたのを
見て覚えた。



クヴァストホフの「冬の旅」

クヴァストホフ/シューベルト「冬の旅」


トーマス・クヴァストホフは、この録音当時39歳。声はやや低めのバリトンだが、高音に伸びがあって、若々しい。技巧をこらしたものではなく、美声をいかして、おおらかに孤独を歌いあげている。
チャールズ・スペンサーは、ルートヴィヒやノーマンの伴奏で知られるピアニストだが、安定していて存在感もある。「かじかみ」での神経質に揺れ動く旋律が特に印象的。

このCD、ライナーノーツが親切だ。
対訳の節ごとに、曲の構成をあらわす記号が付記されている。


「霜おく髪」

a 霜が白いベールを
  ぼくの髪にちりばめた
  そこでぼくはもう老人になったと思い
  とても喜んだ
b でも、すぐに霜は融け
  また黒い髪があらわれた
  ぼくは若さが恐ろしい -
  棺までまだなんと遠いことか
a’夕やけから朝やけまでに
  多くの人が白髪に変わるという
  だれが信じられよう?ぼくはそうならなかったのだ
  これだけ長い旅をしたというのに
     (対訳:石多正男)


クヴァストホフの歌は素晴らしいものだが、「冬の旅」ほどの曲になると、誰が歌っても、そこそこサマになるようだ。
中途半端な思い入れでは絶対に歌いきれる音楽ではないからだ。



★古典音楽blogランキング!

★クラシック音楽ブログ集

★にほんブログ村 クラシックブログ




無料メルマガ『究極の娯楽 -古典音楽の毒と薬-』 読者登録フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。




登録フォーム



解除フォーム



PR
   Comment(0)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1
4 6 8
14 15 16 17
19 20 22 23 24
26 27 28 29 30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー