忍者ブログ

ソロモンのベートーヴェン「ピアノ・ソナタ第31番」

2009.03.29 - ベートーヴェン

beethoven

ベートーヴェン 後期ピアノ・ソナタ集 ソロモン(Pf)


和田秀樹の「バカの人」を読む。
世間にはびこる様々なバカ。
「性格バカ」、「実直バカ」、「うのみバカ」、「決めつけバカ」、「はだかのバカ」、「ふぬけバカ」、「井戸のなかのバカ」、「大風呂敷バカ」。
読んでいると、なんだか胸がザラついてくる。不快になってくる。そして、ふと思う。
みんな、自分に当てはまるじゃないか。
これらに対して、自己分析をして、そのパターンにはまっていないかを自己モニターしたり、それを改善していこうとする努力のことを「メタ認知的活動」というらしい。
つまり、自分のバカさ加減を修正してゆく作業だ。この能力があれば、少しは賢くなれるとのこと。
バカにも未来はある(のかな?)。


ソロモンのベートーヴェン。
この2枚組CDには、27番から32番までの、いわゆる後期のソナタが収録されている。
今日の午後、久しぶりに聴きとおしてみたが、どれもやっぱり素晴らしい曲、当たり前のことなのだけど再認識させられた。
ソロモンの演奏もいい。
この6曲に対し、全然ムラがないのだ。
バランスが取れていて、すべてが均等にいい。「均等」といっても、どれも押しなべて平均的という感じではなくて、ここでの演奏はどれも押しなべて、とてもレベルが高いところで一定している。
どの断面で切り取っても、これ以上の演奏がちょっと考えづらいくらい、高みに達している。
この31番に関しても、すべてが納得がゆく演奏なのだけれど、強いて言えば速い部分が抜群にいい。
2楽章のアレグロ・モルトはこの演奏で2分弱でしかないけれど、ここでのピアノはひときわ光っている。
技術的に安定しているものの、これといってメカニカルに冴え渡っているわけではない。けれども、ひとつひとつの音にとても厚みがあって、実に丁寧なのだ。
一瞬で消え入る音に対して、こんなに情感に溢れた演奏を、他に知らない。
もうひとつ印象的なのは、終楽章のフーガがひと段落ついたところの終結部の直前。何度か、鐘のように打鍵される場面。
大海原にひとり小船にゆられているときの、大海の怖さを想像させる。大交響曲を思わせる、スケールの大きさ。
ピアノという楽器の大きさに飲み込まれてしまいそうになる。モノラルなのに、音の幅の広さに圧倒されないではいられない。
柄の大きさに加え、ディテイルもおろそかにしないソロモンのピアノ、聴くほどに味が深まるのだ。

1956年8月20日、ロンドンでの録音。
PR
   Comment(1)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

無題 - rudolf2006

吉田さま こんにちは

和田秀樹さんは、専門の精神科のことに関しては、成る程と思わせてくれる発言がありますが、教育問題などでは、私には良く分からないお方です。受験本も多数書かれていますよね。秀才であることは良く分かるのですが、爆〜。

ソロモン 出ましたね〜。
31番を聴きながら書いています。
今更ながら、上手いですよね、上手いというのは、テクニークだけでなく、味わいも深いですね〜。
リズムを微妙に変えながら哀しみの歌を歌うところ、実に精妙ですよね〜。
「鐘」と書かれている部分、良いですよね〜。

このCD2枚は、私にとっても宝物です。
ミ(`w´彡)
2009.03.30 Mon 14:17 URL [ Edit ]

Re:rudolf2006さん、こんにちは。 - 管理人:芳野達司

コメントありがとうございます。

和田秀樹、最近ちょくちょく読んでいます。精神科のあたりは面白い意見がありますね。
受験本を多数書いていますが、読んだことはありません。
どうなのでしょう。
効きそうであれば息子に読ませたいものです(笑)。

ソロモン、いいですね〜。
確かにうまいです。技巧だけじゃなく、情感に溢れています。
ベートーヴェンの後期は、やっぱりソロモン、ゼルキン、グルダです(いつもこればっかりなので、たまには開拓しようかな)。
2009.03.31 12:46
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4
6 7 9 10 11 12
14 16 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カテゴリー