忍者ブログ

ズスケ弦楽四重奏団、ベートーヴェン、"16番"

2017.11.28 - ベートーヴェン

ma




ズスケ弦楽四重奏団の演奏で、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲16番を聴きました(1978年1-2月、ドレスデン、ルカ教会での録音)。
  
この団体によるベートーヴェン全集の聴取も最後になりました。
16番は後期の他の作品に比べたらいささか小ぶりですが、内容の充実度はやはり高い。ベートーヴェン芸術の最高峰のひとつです。
  
1楽章アレグレット。相変わらずズスケはコクのあるまろやかな演奏を聴かせます。アンサンブルも緊密であり、ふうわりと美しい。
2楽章はヴィヴァーチェ。人生を駆け抜けるようなスピード感に溢れています。弾かれてみれば、これ以上のものは考えられないくらいに、絶妙なテンポ。
3楽章レント・アッサイ。15番の「リディア旋法」や13番の「カヴァティーナ」に比肩するであろう崇高な音楽。ズスケの呼吸はたっぷりと深く、とても滋味があります。
4楽章アレグロ。この楽章には、ご存じのように「ようやくついた決心(Der schwergefasste Entschluss)」「そうでなければならないか?(Muss es sein?)」「そうでなければならない!(Es muss sein!)」という言葉が書きこまれています。
これには、己の人生を振り返ったという感慨ではないか、あるいは家政婦との給金のやりとりではないか、などの説がありますが、どちらにせよ音楽の素晴らしさは変わりません。
 
  
カール・ズスケ(第1ヴァイオリン)
クラウス・ペータース(第2ヴァイオリン)
カール・ハインツ・ドムス(ヴィオラ)
マティアス・プフェンダー(チェロ)












ma
 
パースのビッグムーン。







PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5
7 8 10 11 12
14 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー