忍者ブログ

ルービンシュタイン、シェリング、フルニエ、シューベルト"2番"

2017.11.29 - 映画音楽

mahler




ルービンシュタインのピアノ、シェリングのヴァイオリン、フルニエのチェロで、シューベルトのピアノ三重奏曲2番を聴きました(1974年4月、ジュネーヴ、ヴィクトリア・ホールでの録音)。

この世でもっとも好きな音楽のひとつです(そういうのが数十曲あるのですが。。)。シューベルトが1827年に作ったとされている晩年の傑作。全編が歌心に満ち溢れているし、陰影の濃い音楽でもあります。

このCDは、FB仲間の薦めで購入しました。巨匠3人による共演であり、録音の存在は知っていましたが、聴くのは初めてです。
豪壮な演奏です。というのは、ピアノの存在感がすごいから。他の演奏では聴こえづらいような部分でも、うなりをあげています。ルービンシュタインはもともと音の大きい人だったらしいですが、録音でもそれが如実に伝わります。音も磨き抜かれている。ときにルービンシュタイン87歳。感服します。
シェリングもフルニエも、よく鳴っています。前者は端正だし、後者は品がいい。
全体を通してリードしているのはルービンシュタインですが、3者の持ち味がよくあらわれています。この曲にしては、明るいトーンであるところ(R・ゼルキン達やオボーリン達やボザールと比較して)も、この演奏の特色であると感じました。








ma
 
パースのビッグムーン。















PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5
7 8 10 11 12
14 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー