忍者ブログ

ズスケ弦楽四重奏団、ベートーヴェン、"15番"

2017.11.04 - ベートーヴェン

ma




ズスケ弦楽四重奏団の演奏で、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲15番を聴きました(1977年4月、ドレスデン、ルカ教会での録音)。
  
彼らの演奏で、約一ヶ月前に「14番」を聴きました。柔らかくて、コクがあって、適度な粘り気があって、合奏が精緻。
ベートーヴェンの最高傑作に「14番」を推す方は少なくないと思います。異論はありませんが、好きなのはこの15番です。後期特有の深淵さに加えて、親しみやすい温もりがあるところが。
  
1楽章ソステヌート-アレグロ。4つの楽器が絶妙なバランスで響きます。溶け合う音がこよなく美しい。
ズスケのヴァイオリンは要所でポルタメントをきかせて効果的。
2楽章アレグロ。ふくよか。温もりのある幸福に包まれているかのようです。とても節度をもって、喜びをあらわしています。ヴァイオリンもいいけれど、朗々と歌うビオラ、豊潤なチェロも特筆。
3楽章アンダンテ。「リディア旋法による、病より癒えたる者の神への聖なる感謝の歌」と題された、至高ともいえる音楽。
4楽章ヴィヴァーチェ。これは経過句ともとれる楽章ですが、演奏は骨太で気品が匂い立ちます。
5楽章アレグロ-プレスト。緊密な合奏でもって、透明感を湛えた悲しみの音楽を、走り抜けます。
  
 
カール・ズスケ(第1ヴァイオリン)
クラウス・ペータース(第2ヴァイオリン)
カール・ハインツ・ドムス(ヴィオラ)
マティアス・プフェンダー(チェロ)












ma
 
パースのビッグムーン。







PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3
5 6 8 10
13 16 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー