忍者ブログ

カラヤン、チャイコフスキー"4番"

2017.07.13 - チャイコフスキー

ma




カラヤン指揮ベルリン・フィルの演奏で、チャイコフスキーの交響曲4番を再び聴きました(1976年12月、ベルリン、フィルハーモニーでの録音)。

この曲を知ったのは中学生のとき。友達から教わりました。勧められるまま、このカラヤンのレコードを買い、聴いて夢中になりました。気がつけば、その日のうちに4回針を通していました。
いまでもそのLPは持っているのだけれど、レコードはご無沙汰しています。

1楽章は豪壮。すべての楽器がうなりをあげています。金管も木管もティンパニも、まあよく鳴るもんだ。とりわけ、ベルリン・フィルの持ち味である低弦の威力は絶大で、全体のトーンを決めています。
2楽章は、まずオーボエ。ふっくらとした響きは北国の憂愁を湛えており、温かみを纏いながらも、佇まいは毅然としています。ローター・コッホでしょうか。
分厚い弦楽器も雰囲気があります。
3楽章は、コントラバスのピチカートが、寺の鐘のようにゴンゴンと鳴るところが面白い。重厚極まれり。
4楽章は、なめらかでスマートでありながら凶暴な演奏。オーケストラの機能を最大限に生かしているところは、ショルティ/シカゴに似ていて、そこにドスをきかせた感じ。
ラストは壮絶。金管が咆哮し、シンバルが激しく炸裂、弦が軋み、ピッコロが空気を切り裂く。

全体を通して演奏の精度はとても高い。この全集中の白眉だと思います。











ma
 
パースのビッグムーン。















PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
3 5 6 7 8
9 10 12
18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カラヤン、プッチーニ、"ボエーム" from:bandar adu ayam terpercaya
-07/21(Fri) -
ロストロポーヴィチ、チャイコフスキー"5番" from:rudolf2006
-07/21(Fri) -
インバル指揮 東京都交響楽団演奏会、"大地の歌" from:アソー
-07/19(Wed) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:本が好き!運営担当
-07/04(Tue) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:yoshimi
-07/01(Sat) -
カテゴリー