忍者ブログ

アルバン・ベルク四重奏団、ベートーヴェン"1番"

2017.07.14 - ベートーヴェン

ma



アルバン・ベルク四重奏団の演奏で、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲1番を聴きました(1980年6月、スイス、セオンでの録音)。

ベートーヴェンが最初に書いた四重奏曲は、屈託の少ない、涼しげな音楽。
16曲(大フーガを別とすれば17)すべてがいいようもなく素晴らしいけれども、1番は、技術的にはすでに完成されているように思います。

アルバン・ベルクSQのベートーヴェンの演奏は、バラ売りではいくつか持っていましたが、ようやくまとまったものを入手しました。
もうけっこう前に発売されたものだから、通常は評価は固まりつつあるものですが、あやふやですね。というか、賛否両論ある。

この1番に関して言えば、彼らの音は、EMIの録音の按配もあるのだろう、ややくぐもって聴こえます。ひとつひとつの楽器の輪郭がはっきりしない感じ。そして4名が一斉に弾くと、混沌とした塊になってしまう。響きがいささか重苦しいのです。
エルベンの押しの強いチェロは魅力的ではあるけれど。

この全集も、続けて聴いていきます。


ギュンター・ピヒラー(Vn1)
ゲルハルト・シュルツ(Vn2)
ハット・バイエルレ(Va)
ヴァレンティン・エルベン(Vc)







PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1
3 5 6 7 9
11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー