忍者ブログ

井出よし江 ピアノ・リサイタル

2017.07.15 - 演奏会

ma




井出よし江さんのピアノ・リサイタルに行きました(2017年7月15日、銀座、王子ホール)。


バッハ:フランス組曲2番
モーツァルト:ロンド イ短調
ベートーヴェン:ソナタ31番
シューマン:幻想小曲集 op.111
ブラームス:幻想曲集 op.116


独墺の本流を時系列に並べた演目は、想像以上の手ごたえがありました。


バッハは流麗。終始なめらかな音を紡いで、広がりのある音楽を作り上げていました。
この蒸し暑い中、一服の清涼感をもらいました。

モーツァルトはもともと幻想的な曲ですが、スタッカートの塩梅が絶妙であり、より濃いファンタジーとして描ききっていて見事。テンポもちょうどよく、歯切れもいい。名演奏だと思います。

ベートーヴェンも、また圧巻。
柔らかなタッチでもって、強弱・テンポの変化を縦横無尽に施して、堅牢にしてロマンティックな世界を構築しました。各楽章はアタッカで続けられ、推進力も強かった。昔に聴いた、グルダの演奏を彷彿とさせられました。
いくつかの箇所で、涙が出そうになりました。


後半のシューマンとブラームスは、明晰でありつつも、コクの深い佇まいのある演奏。そして特筆すべきは、タッチの柔らかいこと!
音が多い場面であっても全く混濁せず、ひとつひとつの音がホロホロとほぐれていて、柔らかい。抑揚のある流れに加えて、このように音色だけでも魅せられる、そんな演奏でした。じつに丁寧な仕上がりであり、全体の造形は格調が高いものでした。


アンコールは、ブラームスの間奏曲op.117とシューマンのトロイメライ。
シューマンで感涙。以前、ホロヴィッツの「モスクワ・コンサート」で、やはりトロイメライで涙する観衆をみたことがあり、こんなことは特別なことだろう、なんて思っていましたが、あるのですね。


心に沁み入るリサイタルでした。











ma
 
パースのビッグムーン。














PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 4 5 6 7
9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー