忍者ブログ

インバル指揮 東京都交響楽団演奏会、"大地の歌"

2017.07.16 - 演奏会

ma




インバル指揮、東京都交響楽団の演奏会に行きました(2017年7月16日、池袋、東京芸術劇場大ホールにて)。


マーラー:交響詩「葬礼」
マーラー:大地の歌

コントラルト アンナ・ラーション
テノール ダニエル・キルヒ



「だがこの大地はいずこも春ともなれば花を咲かせ新たな緑に覆われる! 限りなくそして永遠に蒼く遥かな彼方はかがやく!
永遠に・・・永遠に・・.」
 



交響詩「葬礼」は、「復活」交響曲の下書きとして、1888年に書かれました。現在一般的に聴かれている「復活」の1楽章の構成と、ほぼ同様。細部の変化やオーケストレーションに違いはあるし、わずかに不自然なくだりはあるものの、まさしくこれは復活でありました。
以前に、シカゴ交響楽団でベリオのシンフォニアを聴いたときのマーラー感を思い出しました。
ひとつのコンサートで、大地の歌に加えて復活も楽しめるなんて、贅沢です。
 
大地の歌は圧巻でした。
ヴァイオリンとオーボエ、ハープを中心とした、精緻極まりないオーケストラは文句のつけようのないものだったし、キルヒの輝かしいテノールも非常に魅力がありました。
 
しかし、この演奏は畢竟、アンナ・ラーションのものでした。
 
彼女は上背があって、それに比例するようにたっぷりとした声量があります。だから、オーケストラに負けていない。細かな表情づけが、どんな場面においても手にとるようにわかるのです。
その表情は、ときには天空を舞うように軽やかだったり、ときには聴く者の臓腑を抉るように残酷だったり。恐ろしくふり幅が広いのです。
強く、心を揺さぶられました。


この音楽はある種、人生の諦念を描いたものですが、彼女の歌には諦めだけではなく、希望であろう光がはっきりと感じられる瞬間がありました。
それは、マーラーの意思であることはもちろんとして、彼女の、あるいはインバルのものでもあったわけです。でもこの曲を聴いて、そういったことをこんなに明瞭に感じたことは、今までありませんでした。
それは聴き手である私への大きなエールでありました。


今日も音楽を聴いて落涙。。












ma
 
パースのビッグムーン。












PR
   Comment(1)    ▲ENTRY-TOP

Comment

無題 - アソー

お久しぶりです。大地の歌聴きに行かれたのですね。もう20年前、オーチャードホールに朝比奈隆/新日本フィルの大地の歌を聴きに行った事があります。一曲だけのプログラムでした。朝比奈先生は豪快にオケを鳴らしておられましたが、席も悪かった所為もあり、特にテノールの歌唱が全く聴こえず、ガッカリして帰った記憶があります。同じ感想を持たれた方がいらしたようで、帰り際に、「マリオ・デル・モナコでも連れてこなきゃなきゃ聞こえないよ」と話す声が聞こえたのを覚えています。
オーケストラ付き歌曲は録音で聴いた方がいいなとその時痛感致しました。まぁ、マリオ・デル・モナコの歌った大地の歌の録音が残っていたら聴いてみたいものです。そう言えばカウフマンが一人で大地の歌を歌ったCDが最近新譜で出ましたが、あれも聴いてみたいですね。
インバルのマーラーはこれも昔、都響の定期で東京芸術劇場で3番を聴いた事があります。マーラーの3番はあまり好きな曲では無いのですが、弦楽合奏でジワジワ盛り上がる最終楽章が非常に感動的で、いい演奏でした。
2017.07.19 Wed 00:35 [ Edit ]

朝比奈のマーラー、いいですね。 - 管理人:芳野達司

アソーさん、お久しぶりです。
朝比奈の大地の歌、うらやましいです。
インバルの演奏でも、テノールはうもれがちでした。
どうもこの曲の実演では、テノールはオーケストラの音にかき消される運命であるらしく、ほとんどの演奏がそうみたいです。マーラーが意図的にそうしたのかどうかは定かではないのですが。
その反面、ラーションのコントラルトによる歌は、かなり鮮明に聴こえました。この演奏は、彼女の独壇場だったといえます。
3番はまた格別な曲です。小澤やテミルカーノフの指揮で聴きましたが、やはり終楽章はとても感動的でありました。
2017.07.19 09:41
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4
6 7 9 10 11 12
14 16 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カテゴリー