忍者ブログ

昼寝、アラウ、"24の前奏曲"

2013.02.17 - ショパン

cho


ショパン 「24の前奏曲」 クラウディオ・アラウ(Pf)



今日は午後に散歩がてらビールを買い込み、書斎に籠っていた。

クナッパーツブッシュのワーグナーをおもむろに取り出し、妄想にふけりながら聴いていたが、「トリスタン」の前奏曲の部分に差しかかって、座ったままうたたねをしてしまった。時間にして5分くらいだったものの、気持ちよかった!

休日は昼寝に限りますなあ。




そのあと、気を取り直して、今週聴き続けているアラウのショパン「24の前奏曲」を改めて聴く。

ごつごつとした手触りがあるものの、よく聴くと細かなニュアンスをつけていてとても繊細な演奏だ。
テンポをゆっくり目に設定し、ひとつひとつの音を味わうように、手つきはじつに丁寧。低音はがっしりとしていて、高音は煌めいて美しい。この曲でよく聴くポリーニ(旧盤)やアルゲリッチよりも音はあきらかに綺麗だ。

ショパンの演奏にありがちな甘い雰囲気は薄く、すべてを白昼のもとにさらしたようなピアノ。

バッハの平均律は旧約聖書、新約聖書はベートーヴェンのソナタあるいはこの曲と例えられることがある。
スケールから言えば当然ベートーヴェンのほうが釣り合いそうだが、ショパンの音楽もこういう演奏だと、こちらが新訳聖書といってもいいくらいの威容がある。



1973年4月、アムステルダムでの録音。












PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4
6 7 9 10 11 12
14 16 17 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カテゴリー