忍者ブログ

"お願い"、ズーカーマン、ベートーヴェン"ヴァイオリン協奏曲"

2013.02.16 - ベートーヴェン
bee

ベートーヴェン「ヴァイオリン協奏曲」 ズーカーマン(Vn) メータ指揮ロスアンジェルス・フィル




ロアルド・ダール(田村隆一訳)の「お願い」を読む。

これは、子供が自宅で夢想にふける話。足のかさぶたをとったり、絨毯を地図にみたてて歩いて遊ぶ。絨毯にはいろいろな模様が描かれていて、なかにはのっぴきならないものも登場する。最後に足をふみはずしてちょっとした恐怖に陥ってしまう。

子供はヒマだけど、ヒマつぶしの達人だ。自分にもそんな頃があったのかと思うとなんだか懐かしい。









ズーカーマンが弾くベートーヴェンを聴く。

彼がこの曲を弾いた最初の録音は、発売日当日に買い求めた記憶がある。LPである。何度も何度も繰り返し聴いて、この曲の良さを教えてくれた大切なレコード。いまも大事に保管している。
あれは77年の録音だから、今日聴いたのは15ぶりの再録音ということになる。

結論から言ってしまうと、これは名演だ。
最初の録音でも艶やかな響きを惜しまずに開陳していたが、今度のはそれに加えて余裕を感じる。ヴァイオリンの音そのものも密度が濃くて、ここぞといった場面でのニュアンスも気が効いている。スケールも大きくなって貫禄たっぷり。
カデンツァは旧盤と同様クライスラー。

メータのオケも好調。ヴァイオリンにぴったりと寄り添うようについていっているし、自己主張も怠らない。ことに終楽章でのティンパニの打ち込みは気合い満点。

シェリング/イッセルシュテットの盤とともに、ずっと聴き続けていきたい演奏である。


1992年1月、ロスアンジェルス、ロイス・ホールでの録音。














PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
3 5 6 7 8
9 10 12
18 20
24 25 27 28 29
30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
ロストロポーヴィチ、チャイコフスキー"5番" from:rudolf2006
-07/21(Fri) -
インバル指揮 東京都交響楽団演奏会、"大地の歌" from:アソー
-07/19(Wed) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:本が好き!運営担当
-07/04(Tue) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:yoshimi
-07/01(Sat) -
カラヤン、プッチーニ、"ボエーム" from:neoros2019
-06/24(Sat) -
カテゴリー