忍者ブログ

長谷川美沙とルッツ・レスコヴィッツ リサイタル

2015.11.19 - 演奏会

ma
 


バッハ アダージョ
フランク 前奏曲、フーガと変奏曲
モーツァルト ピアノとヴァイオリンのためのソナタK301
ドヴォルザーク ソナチナ
モーツァルト ピアノとヴァイオリンのためのソナタK304
ブラームス ヴァイオリンソナタ3番
(アンコールはクライスラーと、スプリング・ソナタ2楽章)

カフェでクラシック音楽を聴くのは初めて。席は25ばかりだったか。胴が長いくせに図々しく1番前に座ったら、案の定、ソリストが目の前。手の届くところにストラディバリウスが。タダでさえ冴えない我が人生で、こんな贅沢はない。

レスコヴィッツというヴァイオリ二ストを初めて聴いた。ザルツブルクを本拠地に活躍している老齢のソリストである。
音程の確かさといい、ボウイングの滑らかさといい、細やかで正確な指遣いといい、一流のもの。残響がほとんどないロケーションなのに、どの音もことごとく柔らかい。そして人口臭がない。この音色は大理石ではない。河原に佇む自然石のよう。暖かみがあり丸くてがっしりとし揺るぎがない。
まず最初にバッハに圧倒され、ドヴォルザークも素敵だったが、モーツァルトのK304を特に気に入った。疾走する哀しみを、広く太く受け入れているような、スケールの大きなヴァイオリンだった。深く感銘を受けた。

長谷川のピアノは万全で、どの曲も完成され尽くしていた。唯一のソロであるフランクは前奏曲の、高いのと低い和音をゆったりと響かせている箇所が印象に残った。そして、彼女は後半になるにつれてグングンと冴えてきた。隙なし。大変なスタミナの持ち主なのかもしれない。

とても親密で豊穣なリサイタルだった。


2015年11月19日、東京、大井町グラン・キネマにて。

PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3
5 6 8 10
13 16 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー