忍者ブログ

アバド、ワーグナー、"ローエングリン"

2018.02.23 - ワーグナー

ma



ドミンゴのタイトル・ロール、アバド指揮ウイーン国立歌劇場・他の演奏で、ワーグナーの「ローエングリン」を視聴しました(1990年、ウイーン国立歌劇場でのライヴ録音)。

先日に引き続き、ドミンゴのローエングリン。
このディスクでは、オルトルートを歌ったヴェイソヴィチを大変気に入りました。昔、彼女をNHKホールで「ヴォツェック」のマリー役で観ています。あれも素晴らしかった。陰影があり、なおかつコクの濃い声が素晴らしかった印象があります。ここでのオルトルートは深い深い怨念が込められていて、聴いていて身震いするほどです。じつに奥行きのある歌唱。対するエルザ役のスチューダーも大好きな歌手で、いい歌を披露していますが、こと2幕においてはヴェイソヴィチにやや軍杯があがるかな、と。
ドミンゴは、これの4年ほど前にショルティとセッション録音した状態を保っています。とても若々しい。彼の持ち味である、硬質で輝きのある声は健在です。

ウイーン・フィルはしなやかで、なかなか機動力にも優れています。とくに3幕における前奏曲から、中盤で国王登場の前段階、金管による鮮やかなファンファーレには心躍るよう。いっぽう弦楽器は、終始細やかに聴かせます。
アバドの指揮はショルティのような力強さはないものの、彼らしく、どの場面も丁寧にケアしています。

演出にあまり拘りはありません。でも、舞台装置、衣装、演技はいたって自然な佇まいでオーソドックスな感じがしたし、音楽に集中できる点でいいものだと感じました。


プラシド・ドミンゴ(ローエングリン)
シェリル・ステューダー(エルザ)
ハルトムート・ヴェルカー(テルラムント)
ドゥニャ・ヴェイソヴィチ(オルトルート)
ロバート・ロイド(国王ハインリヒ)、他

演出:ヴォルフガング・ヴェーバー
装置:ルドルフ・ハインリヒ、ラインホルト・ハインリヒ






ma
 
パースのビッグムーン。

















PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー