忍者ブログ

ガッゼローニのモーツァルト「フルート四重奏曲集」

2006.12.27 - モーツァルト
ガッゼローニ
ガッゼローニ/モーツアルト「フルート四重奏曲」

私の友人に、クラオタがいる。彼は歯科医師であり、個人で開業しているからソコソコの収入があるはずなのだが、その収入の全てをコンサートのチケットとCDに注いでいる。
最近は、BGMを流す診療室が少なくない。彼の診療所もそうである。ただ、選曲にやや問題がある。
あるときはバルトークの弦楽四重奏曲。そしてシュトックハウゼンのピアノ・ソナタ。またあるときはシェーンベルクの「ワルシャワの生き残り」やベリオの「声のためのセクエンツァ」のCDを、嬉々としてターンテーブルに乗せるのだ。
まあ、なんにしろ気分が悪い。虫歯を抜こうとするときに、「ワルシャワ」のガス室のカウントダウンが始まるわけだ。はたで見ている分には、なんか変態映画を観ているようだが、抜かれる本人はたまったものではない。
待ち時間のときにこれらの曲がかかると、治療中ではないのにかかわらず、患者の顔が苦痛にゆがむことは言うまでもない。音楽の逼迫した雰囲気は、拷問ともいえる。
でも、治療をしている本人は絶好調。仕事だろうとなんだろうと、とにかくクラシック音楽を聴いてさえいれば満足なのだから。

場所は、地下鉄丸の内線の茗荷谷駅から徒歩5分、お茶の水女子大正門のハス向かいにある。
ご興味のある方は、どうぞ。
治療は懇切丁寧である。と、一応付け加えておこう。

モーツァルトの四重奏は、そういう音楽とはうって変わってBGM向き。このガッゼローニ盤がこの秋にCD初発売されたとき、かの歯医者は狂喜していたものだ。
音楽はまさしく18世紀の貴族が余暇を楽しむために作られた音楽だが、ガッゼローニのフルートはいささか辛口。スカスカとした音ではなく、どっしりと芯のある音色でテキパキと演奏する。フルートはこういう音がいい。録音はドライ。宮殿の大きな居間ではなく、現代のマンションの一室で演奏しているかのよう。



★音楽blogランキング!

★にほんブログ村 クラシックブログ




無料メルマガ『究極の娯楽 -古典音楽の毒と薬-』 読者登録フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。




登録フォーム



解除フォーム




PR
   Comment(2)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

無題 - rudolf2006

吉田さま お早うございます。

凄い歯医者さんがおられるですね、爆~
確かに、ガス室の音楽では、気持ちよくとは行かないですよね、でも、凄いですね~
ミ(`w´)彡 
このフルーティストはまだ聴いたことがありません。
2006.12.28 Thu 06:59 URL [ Edit ]

Re:rudolf2006さん、こんにちは - 管理人:芳野達司

クラシック音楽をBGMにするのはいいのですが、いろいろ向き不向きがあるようです。曲によっては、ホントにいただけませんよ!
患者さんたちが実のところ何を思っているのか、ヒアリングしてみたいところです。
2006.12.28 12:05

無題 - ピースうさぎ

歯科で現代音楽は、恐怖そのものですね(笑)。
私なんか家で武満徹を聴いているだけで、結構ブーイングなんですが。
2006.12.28 Thu 18:14 URL [ Edit ]

Re:ピースうさぎ - 管理人:芳野達司

>歯科で現代音楽は、恐怖そのものですね。
まったくです。本人の趣味でやっているので、まあ、患者がきているうちはいいと思いますが。
クラシック音楽を聴きなれない方は、武満でも違和感があるかも知れませんね。もう100年近く前のシェーンベルクでも、そう思います。
2006.12.28 22:25
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
3 5 6 7 8
9 10 12
18 20
24 25 28 29
30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カテゴリー