忍者ブログ

"「ずぼら」人生論"、シャイー、"一千人の交響曲"、しろ。

2014.01.12 - マーラー

ma



ひろさちやの「『ずぼら』人生論」を読む。

相変わらず切れ味がいい。「『アホの物差し』で居心地よく生きる」の章では、こんなことが書かれている。

子供がテストで70点を取ったというのを喜んで、子供の好きなカレーライスを作ろうとした母親が、ところで平均点は何点なの?と訊く。すると84点だという。これを聞いた母親は調理中の手をぴたりと止めてしまう。

これは、母親が世間の物差しに縛られているからだと言う。子供が一所懸命やってきた点数は、何点であろうと宝ものなのである。むしろ、こう言ってやるべきだ。

「まあ、0点だったの。そうか、クラスのみんなを楽しませてあげたんだ。すごいね、みんなを楽しませるなんて、仏様みたいね」。

ただ、著者はいつものように、0点を取り続ける子供の救済策を具体的には述べない。そのことは読み手が、のたうちまわりながら考えなければならないのだ。
ひろさちやの本は、口当たりは甘いが、猛毒である。








シャイーの指揮で、マーラーの交響曲8番を聴く。

これはスケールの大きな演奏だ。冒頭から圧倒させられる。ゆったりとしたテンポから繰り出される、ティンパニの連打の重厚なことといったら!
その後も音楽は自然な抑揚をつけながら流れる。オケはとてもバランスがよい。彫りの深い弦楽器群を中心に、肌理の細かな木管群、弱音が見事にコントロールされた金管群、厚く響く打楽器群、底をしっかり支えるオルガンと、申し分がない。コンセルトヘボウだから、当たり前かもしれないが。

2楽章に入ると、オケに加え声楽陣もぐいぐいとエンジンを回転させてくる。

マッテイの法悦の神父はとてもなめらか。声そのものはスマートでありながら、ふくらみがあって鷹揚さを感じさせる。

ヘップナーの博士は名唱。率直な声には張りがあり、芯の太さも感じられる。とくに美しい声というわけではないのだが、感情のこめ方が真摯であり、引き込まれないではいられない。ここは2楽章のなかのひとつの大きな聴かせ場であるが、見事な歌唱で応えている。文句なしに素晴らしい。

女声陣も奮闘。ことに罪深い女はいくつか難しそうな箇所があるので、全てをキッチリとクリアすることは難しいと思うが、なんというか、根性で聴かせる。
合唱団は大らかでまろやか。木管楽器と溶けあう場面など、ホールの音響の良さと相俟って、快感である。

これは、シャイーの実直さがよい方向に向いた演奏であると思う。とても丁寧で流れがいい。録音も素晴らしい。


ジェーン・イーグレン(ソプラノ1:)
アンネ・シュヴァネヴィルムス(ソプラノ2:贖罪の女)
ルート・ツィーザク(ソプラノ3:栄光の聖母)
サラ・フルゴーニ(アルト1:サマリアの女)
アンナ・ラーション(アルト2:エジプトのマリア)
ベン・ヘップナー(テノール:マリアをたたえる博士)
ペーター・マッテイ(バリトン:法悦の神父)
ヤン=ヘンドリク・ローテリング(バス:瞑想の神父)
プラハ交響合唱団
オランダ放送合唱団
聖バーヴォ教会少年合唱団
ブレダ少年聖歌隊
リッカルド・シャイー指揮
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団


2000年1月、アムステルダム、コンセルトヘボウでの録音。






ma
 

しろが死んだ。
享年3ヶ月。

生まれてきてくれて、ありがとう。
家にきてくれて、ありがとう。












PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
3 5 6 7 8
9 10 12
18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カラヤン、プッチーニ、"ボエーム" from:bandar adu ayam terpercaya
-07/21(Fri) -
ロストロポーヴィチ、チャイコフスキー"5番" from:rudolf2006
-07/21(Fri) -
インバル指揮 東京都交響楽団演奏会、"大地の歌" from:アソー
-07/19(Wed) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:本が好き!運営担当
-07/04(Tue) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:yoshimi
-07/01(Sat) -
カテゴリー