忍者ブログ

クーベリックのマーラー「交響曲第7番"夜の歌"」

2009.03.15 - マーラー
mahler

マーラー交響曲第7番 クーベリック指揮バイエルン放送交響楽団


太田光と中沢新一の「憲法九条を世界遺産に」を読む。
テレビと同様にいきり立つ太田と、それを包み込むように共感する中沢。
九条を擁護する弁説はまったく論理的ではないものの、感覚的に捉えるところにユーモアの英知があるのかも。
全体に中沢のウンチクがまんべんなく披露される。これは孫引きだけど面白い話。
『京都に日蓮宗の寺と浄土宗の寺が道をはさんで向かい合わせにあった。この寺同士がものすごく仲が悪くて、お互いに悪口を言い合っている。悪口を言うだけでは気がすまなくなって、日蓮宗のお坊さんたちは、法然と名づけた犬を飼っていじめた。「法然のバカ」とか言って、みんなでこづき回す。それを見ていた浄土宗の寺のお坊さんが、何くそと日蓮と名づけた犬を飼っていじめ始めた。ところがある日、日蓮という犬と法然という犬が道でばったり出くわして、大ゲンカを始めたわけです。そうしたら、日蓮宗のお坊さんたちが、「法然頑張れ」、浄土宗のほうは「日蓮頑張れ」と応援しちゃった(笑)。そのうち、はっと気がついて、お互い反目をやめたというお話』。


久しぶりにクーベリックのマーラーを聴く。
これで、DGでの全集の5番以降は全て聴いたことになるが、この7番も期待通りのいい演奏。
私がマーラーを聴き始めた頃は、アバドとかメータとかテンシュテットたちが台頭してきた時代。
クーベリックのものは、ひと昔前のグループに括られていて、それと同じ頃のショルティやバーンスタインの強烈な個性に比べてしまうと、どちらかといえば影が薄かったものだ。
でも、こうしてじっくりと聴いてみると、数多くのマーラーを得意とする指揮者に比べても劣るところがない。
録音もクリアーで、じゅうぶんに聴くことができるどころか、まず第一に推したいくらいのものだ。

この7番の演奏では、まんなかの3つの楽章が特にいい。
ソロ楽器の雄弁さ、合奏の精緻さ、そして中庸なテンポと過多な感情を抑えた柔らかい表情。
そこにはつねに理知的な眼差しを感じるが、淡い情感が木漏れ日のように射している。
クーベリックの演奏では、オーケストレーションの色使いが実に淡くて細やかなことが手に取るようによくわかる。この曲がマーラーの純粋な管弦楽曲としてのひとつのピークになる作品であることを感じるのだ。


1970年11月26-27日、ミュンヘンでの録音。
PR
   Comment(2)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

無題 - rudolf2006

吉田さま こんばんは

太田、中沢の「憲法第9条」の本、かなり前に、というか発売された頃に一度読みました。なし崩し的に、軍隊を海外に派兵するようになってきていますね。若い頃は、やはり軍隊も必要ではないかと思っていたのですが、色々と勉強してきて「軍隊が国民を守ったことがあるのか?」という疑問が出てきました。そう考えると、これまで一度もありませんでしたよね〜。自国民を見殺しにすることもあっても、守ったことなど一度もないのではないかな、と思い至っています。
「第9条」を天然記念物として守っていくことにこそ、意味があるのではないか、と最近は思っています〜。
同じように、アメリカ軍に爆弾を落としまくられたことはありますが、どこかの国から守ってくれたこと、これもありませんね〜;;

閑話休題、爆〜。
クーベリックという指揮者、どこが良いのかと聞かれると困ってしまう指揮者ですね〜。吉田さんの影響もあって、マーラー全集を買ったんですが、3番以降しか聴いていませんが、実に良い演奏ですよね。
クーベリックはマーラーのどこが好きだったんでしょうか?ボヘミアつながりなのでしょうか?
その辺りも、知りたいと思ったりもします。

ミ(`w´彡)
2009.03.15 Sun 18:29 URL [ Edit ]

Re:rudolf2006さん、こんばんは。 - 管理人:芳野達司

いつもコメントをありがとうございます。

太田、中沢の「憲法第9条」の本、読まれましたか。
アメリカが作ったからイカンというのはおかしい、むしろユニークなのじゃないか、といったところに共感しました。
かといって、特に筋が通っているわけじゃなくて、わりと感覚的に残そうといっているだけなんですよね。彼らの思い入れが、悪くないなあと感じました。
ちょっと変わった憲法ですが、いろいろな解釈を許す柔軟なところが面白いと思っています。

クーベリックは、どこがいいのかといわれると、説明が難しい指揮者です。でも、どれを聴いてもそれなりに説得力があります。
とくにマーラーはいいです。ようやく5番以降を全部聴きましたが、どれもいいものです。
クーベリックはライヴがよいという評判がありますが、DGのこの全集を聴く限り、スタジオ録音も悪くありません。
残るは前半の4曲です。少しづつ買い揃えたいと思います。
2009.03.15 22:01

無題 - kawazukiyoshi

中沢さんって面白いですね。
どこか人を食っているような気もしますが。
今日もスマイル
2009.03.15 Sun 22:19 URL [ Edit ]

Re:kawazukiyoshiさん、こんばんは。 - 管理人:芳野達司

はじめまして、コメントをありがとうございます。

中沢さんの本、最近では「イカの哲学」を読みました。イカの生態から反戦を説いた哲学書の解説でしたが、面白い本です。
kawazukiyoshiさんは淡水に住んでおられるのですね。ワタシは数年前、単身赴任で台北にいたことがあって、淡水には一度行きました。船で川遊びをしました。夕日がきれいな、いいところです。
これからもよろしくお願いいたします。
2009.03.15 22:30
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3
5 6 8 10
13 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー