忍者ブログ

アラウのショパン「ワルツ全集」

2006.08.15 - ショパン
アラウ

アラウ/ショパン「ワルツ全集」


中日が阪神に3連勝してマジックが点灯したことで、セ・リーグの優勝争いは、中日ドラゴンズがかなり優位に立っている(本日は広島に負けたが)。
3連戦を見ていて両チームで圧倒的に違うのは、守備である。
中日で良いのは、井端と荒木の二遊間と、強肩を揃えた外野陣。
ヒットになるかならないか、というギリギリの打球をうまく捌くことで、試合全体の流れを自チームに引き寄せているのだ。
落合は、現役時代「ヒットだけを狙えば4割なんか楽」などと言い放った、いかにも自己中心的で我侭そうな強打者だったが、監督としての采配は非常に堅い。
野球というスポーツの急所を把握しているかのようである。
それを選手に対して浸透させているから勝てるのだろう。
昔の西武の森監督の味に似ている。彼はいい成績を残しながらも、「野球がつまらない」という理由で解任されてしまったが、落合に対しても近い将来に同様の批判があるのかもしれない。


さて、アラウのショパン。
テンポの遅い重厚なショパンである。
速さに指がついていけないから遅いのだ、という穿った見方もできる。
これは、好みが分かれる演奏だろう。
リパッティやルービンシュタインの演奏みたいな、しゃれっ気や小気味よさは全くないが、へべれけに酔っ払って足がもつれて、まともに歩けない波平/マスオ・コンビのようなショパンを弾ききっていている。
この酔っ払いぶりが曲に合ったり合わなかったりするのだが、もともとテンポの遅い曲のほうがアラウにはあうみたい。
作品64の1なんかは、指がもつれていてヒヤヒヤものだ。こけつまろびつ踊る「小犬」。
作品34の2、作品42、作品69の2なんかは、哀愁漂う中年男、もしくは老成した男を(ちょっと世間からははみ出してしまった感じの)描いていて素晴らしい。

酒は芳醇な芋焼酎。遠い目をしながら一杯。





★音楽blogランキング!

★にほんブログ村 クラシックブログ




無料メルマガ『究極の娯楽 -古典音楽の毒と薬-』 読者登録フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。




登録フォーム



解除フォーム



PR
   Comment(1)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

無題 - ダンベルドア

これはおもしろそうですね。早弾き曲芸競争のようなショパンより、味わい深いショパンが好きです。
といって深刻すぎるのも敬遠してしまいますが。
2006.08.16 Wed 00:18 URL [ Edit ]

Re:ダンベルドアさん、こんにちは。 - 管理人:芳野達司

アラウのベートーヴェンは素晴らしいですが、ショパンということであまり期待しないで買ったのですが、意外に味わいものでありました。
テンポは遅いですが、鄙びて明るい演奏です。
2006.08.16 13:19
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3
5 6 8 10
13 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー