忍者ブログ

ショコライのグリーグ「抒情小曲集」

2007.09.01 - グリーグ
grieg

グリーグ 抒情小曲集 ショコライ(Pf)


リヒテルの来日公演。それは、結果的に最後の来日になった年のことだった。
東京文化会館での公演プログラムは事前に発表されておらず、「演奏者の都合により当日に発表」というものだった。バッハやシューベルト、ベートーヴェンといったラインアップを期待するところで、なにか腹応えのある演目をバシッと決めてくれるだろうと思っていたものだ。
なにが出るか楽しみ半分怖さ半分で、当日にいそいそと上野公演に足を運んだ。
切符と引き換えに、A4の紙切れを受け取る。そこには、当日の演目が記されていた。
グリーグ、抒情小曲集。以上。
…。
リヒテルがまさかグリーグとは。
しかもこの曲、当時はほとんど知らないのだった。
この動揺は、周囲のざわめきから、自分だけのものではないことがわかった。こう言ってはなんだけど、被害者同士のひそかな共感を感じないわけにはいかなかった。

実際にリヒテルが舞台に現れても、なんともいえない違和感はぬぐえなかったが、ピアノは素晴らしいものだった。重量感のある中低音から透き通った高音に至るまで絶妙に溶け合った響きは、レコード録音からは想像できないほど豊かで繊細なものだった。
知らない曲であっても、そこそこ楽しめる内容であり、ことにピアニストの力量は、それがグリーグであっても、じゅうぶんに思い知らされた。
そして、アンコール。
おもむろにショパンの前奏曲が始まると、会場全体が安堵のため息に覆われたことは言うまでもない。
このショパン、さまざまな意味で一生ものであった。

この公演のあとにいそいそと買った、これはショコライCD。リヒテルの演奏によるものをずいぶんまえに店頭で見かけたが、今はオークションで高額で取引されているみたい。

「勝手にグリーグの日」
PR
   Comment(2)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

無題 - rudolf2006

吉田さま こんにちは

リヒテルの「叙情小組集」ですか
それは得難い経験をされたんですね~
リサイタルで行ってみないと、演奏曲目が分からないっていうのは、珍しいですよね。晩年のリヒテルは、楽譜を置いて演奏していましたよね。
グリーグを日本で演奏していたとは、知りませんでした。

本当に得難い経験ですね~。

ミ(`w´彡)
2007.09.01 Sat 13:35 URL [ Edit ]

Re:rudolf2006さん、こんばんは。 - 管理人:芳野達司

コメントありがとうございます。

当時は、まさかリヒテルでグリーグを聴くとは思いませんでした。かえってとても印象的なリサイタルになりました。
舞台を真っ暗にして、楽譜を置いて弾くところも。
今日改めて抒情小曲集を聴きましたが、みんなそれぞれ良いですね。シューマンとシューベルト、そして北欧のエッセンスを加えたような、シャレた音楽です。
2007.09.01 22:38

無題 - ダンベルドア

こんばんは
知らない曲を聴きにいく時に予習して聴いていると安心できますよね。当日発表とはリヒテルは複数用意してその日の出来や気分で決めていたんでしょうか。

>重量感のある中低音から透き通った高音に至るまで絶妙に溶け合った響きは、レコード録音からは想像できないほど豊かで繊細なものだった。

いい体験をなさいましたね。
2007.09.02 Sun 20:51 URL [ Edit ]

Re:ダンベルドアさん、こんばんは。 - 管理人:芳野達司

コメントありがとうございます。

コンサートで知らない曲をやるときは、予習が必要です。リヒテルはその日の気分次第でプログラムを組んでいたのでしょう。
この日はアンコールを除いて全部グリーグだったのですが、事前に知っていればもっと楽しめたのじゃないかと思えて仕方がありません。
まったく予想外でしたが、それがきっかけで、この曲を知ることができたのは幸いではありました。
2007.09.02 21:42
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4
6 7 9 10 11 12
14 16 17 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カテゴリー