忍者ブログ

ヘルシャー、ケンペ、R・シュトラウス、"ヴァイオリン協奏曲"

2018.03.09 - R・シュトラウス

ma



ウルフ・ヘルシャーのヴァイオリン、ケンペ指揮シュターツカペレ・ドレスデンの演奏で、R・シュトラウスのヴァイオリン協奏曲を聴きました(1975年9月、ドレスデン、ルカ教会での録音)。

遅まきながら、この曲をようやく聴きました。比較的マイナーでありながら、とても親しみやすい音楽だと感じました。

1楽章はブラームスばりに重厚。経過句のような可愛らしい2楽章は、ホルンとヴァイオリンとの掛け合いが素敵。ホルンはペーター・ダムだろうか。奥行きのある音色。そして3楽章は、パガニーニのように軽くて華やかで、浮き立つよう。楽章ごとの色分けがくっきりと明快です。
ソロにかなりの技巧を要求していると見受けられ、それが演奏頻度の低さにつながっているのかもしれません。
ヘルシャーのヴァイオリンはじつに鮮やかで流麗であり、隙なし。

宝がひとつ増えました。








ma
 
パースのビッグムーン。














PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー