忍者ブログ

東京二期会、ヴァイグレ、"サロメ"

2019.06.11 - 演奏会

ma



東京二期会の制作による、R・シュトラウスの「サロメ」公演に足を運びました(2019年6月9日、東京文化会館大ホールにて)。


まず演出から。
視界の8割を占めそうな巨大な階段が舞台。歌手はこの上で昇ったり降りたり寝そべりながら歌い、演技する。シンプルな装置は好みだけど、これはピンとこなかった。歌を聴くことに集中できる利点はあるものの、灰色を基調とするモノトーンの世界はいかにも殺伐としていたし、抽象的。だから、ヨカナーンの首が晒されたシーンでの衝撃が少なかったのではないか。また、女が揃ってスキンヘッドなのも考えもの。美しくないでしょ?

ヴァイグレと読響に対しては、「エロくない」との評が一部にある。なるほどそうかもしれない。ただ、ベーム的とも言える几帳面な厳格さのようなものが根底に流れているようであり、これはこれで一興。切れ味もいい。
歌手は揃っていた。サロメ、ヘロデは好調。とりわけ、ヘロディアスの狂いぶりは見事だったかと。

通して観ると、このオペラは畢竟、「7つのヴェールの踊り」に尽きるかなと。マリンバの乱れ打ちを筆頭に音楽そのものが魅力的だし、演技の見せどころでもある。ここが頂点として構成されているように感じられる。歌がないのが皮肉。あとの、サロメのおねだりのシーンは面白いけれども、ややシツコイかな。




指揮:セバスティアン・ヴァイグレ
演出:ヴィリー・デッカー

ヘロデ:片寄純也
ヘロディアス:清水華澄
サロメ:田崎尚美
ヨカナーン:萩原 潤
ナラボート:西岡慎介


読売日本交響楽団















PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 5 6
7 8 9 10 11 12
14 15 16 17 18 19 20
22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー