忍者ブログ

本村レッスン発表会、ムジカ・チェレステのニューイヤーコンサート

2018.01.29 - 演奏会

ma



 
日曜日はふたつのイベントに参加しました。
昼は自身のリコーダーの発表会。近江楽堂で小品を4曲吹きました。練習時はミスなく吹けるのに、本番は違いました。緊張によるものでしょう。よって、何をもって練習のゴールとしたらいいのかわからなくなりましたが、みなさんの暖かい拍手など達成感が気持ちいいので、これからも続けます。



夕方はムジカ・チェレステのコンサート。紀尾井フォーラムは多目的ホールらしく、響きはデッドでしたが視界は良好、椅子が大きくて心地が良かった。
歌手はソプラノとバリトンが光りました。
薮田さんがとくに素晴らしかったのは、得意としている「そはかの人か~花から花へ」(トラヴィアータ)、そして「再び目にすることになる、香り高い森を」(アイーダ)。すべての音域において、じつに丁寧に音程がコントロールされています。とりわけ、高音の伸びは見事。ツヤツヤの声を堪能しました。「花から花へ」のラストは楽譜通りにやられたようです。
李さんは「お前こそ心を汚すもの」(仮面舞踏会)、そしてやはり「アイーダ」がよかった。たっぷりとしたトルクでもって、余裕のある歌声を聴かせてくれました。声がまっすぐで若々しく、気持ちがいいものでした。
後半は、みんなの歌によるオペレッタ集。楽しかったな。

河野さんのピアノはいつも安心して聴くことができます。歌手にいつもぴったりと寄り添い、時には春の嵐のように激しく、ときには若草のように清楚な情感を湛えていました。どれもよかったですが、「ノルマ」における、いのちの弾みを圧縮したような細やかな音色は、胸に沁み入りました。
ピアノはべヒシュタインのアップライト。調律がいまひとつだったような気がしましたが、いくぶんメタリックな音色はどこか懐かしさを感じました。



ma






ma
 
パースのビッグムーン。















PR
   Comment(1)    ▲ENTRY-TOP

Comment

お早うございます - rudolf2006

芳野さま お早うございます

お久しぶりです
コメント欄は復旧しましたでしょうか?

私の経験では、客席が近いと それだけ 緊張するような気もします もちろん 離れていても 緊張することもありますが…爆 演奏会で気持ち良く 演奏できること 少ないですね
そう考えると ライヴ盤でミスが少ない方がすごいものですよね

最近は 演奏会に出ることも行くこと なくなっています
復帰できるといいのですが…
色々と行かれていますね

ミ(`w´彡)
2018.02.04 Sun 07:31 URL [ Edit ]

rudolf2006さん、おはようございます! - 管理人:芳野達司

コメント欄はフィルターをかけないようにして、そのかわりに承認制にしました。相変わらずスパムコメントはガンガンきますが、表示されないからいいかな、と。ご迷惑をおかけしました。

久しぶりに舞台に立ちました。といっても、5分くらいのことですけど。緊張はしましたが、昨年みたいに手の震えはありませんでした。場馴れなのかどうかは定かではないのですが。
そうですね、プロとはいえ、ライヴ盤でミスが少ないってすごいことですね。楽器をやるようになってしみじみ感じます。
2018.02.04 10:22
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2
5 6 7 8 9 10
14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー