忍者ブログ

新国立劇場、"くるみ割り人形"

2018.12.26 - 演奏会

ma



新国立劇場の制作による「くるみ割り人形」公演に足を運びました(2018年12月24日、新国立劇場にて)。


以前にも書きましたが、チャイコフスキーのバレエを観ることは、人生最高の喜びのひとつと思っています。この公演もそれを裏切りませんでした。

プリマの小野さんを観るのは初めてかも。踊りについて語る術はないのですが、軽やかで優美。すべての動きが、いたって自然でありしなやかで、かつある種の風格も兼ね備えていました。軽やかなのは当たり前かもしれません。笑
「雪のワルツ」での合唱も緻密で素晴らしかったし、後半の各国の踊りも見ごたえじゅうぶん。「花のワルツ」での、オレンジ色の衣装は鮮やかで素敵だった! 踊りも、もちろんよかったです。

バクランさんはバレエ音楽の手だれ。彼のチャイコフスキーを何回か聴いていますが、今回も安定していました。強弱の変化の柔軟さと、管弦楽のバランスのよさ、そして踊り手にぴったりと合わせる呼吸が素晴らしく、聴いていてとても心地がいいのです。


小野絢子(クララ)
福岡雄大(王子)
貝川鐡夫(ドロッセルマイヤー)
渡邊峻郁(ねずみの王様)、他

ウエイン・イーグリング(振付)
大原永子(芸術監督)

アレクセイ・バクラン(指揮)
東京フィルハーモニー交響楽団
東京少年少女合唱隊



ma











PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー