忍者ブログ

新国立劇場、カリニャーニ、"アイーダ"

2018.04.08 - 演奏会

ma



新国立劇場によるヴェルディ「アイーダ」公演に足を運びました(2018年4月8日、初台、新国立劇場にて)。

カリニャーニさんの指揮は、昨年の同じ新国での「オテロ」以来。歌手たちとの呼吸の合わせ方の妙味と、はっきりとメリハリのついた音楽作りに唸りましたが、それは今回も同様。自然なテンポは、うららかな気持ちで身を委ねることができました。
東京フィルも好調。輝かしい金管にドスの効いた打楽器、そしてなんといっても弦楽器。シルクのように肌理細やかでありつつ、女の濡れた瞳のような潤いのある音色に魅せられました。このオーケストラの弦は、ほんとうに素晴らしい!

歌手はアイーダとラダメスがよかった。前者は艶やかな声をおしみなく披露して、かつドラマティック。後者はドミンゴを彷彿させるようなまっすぐな声。逞しくもナイーブなこの役柄に合っていたように思います。
アムネリスは、まずまず。

2幕の踊りは、少年少女から若手によるもので、これはもう圧巻だった。華やかな衣装を纏い、なんと新鮮でイキイキとしたダンスだったことか。若芽の爆発みたい。興奮させられたし、背筋が痺れた。もしかしたらこの日の最高の見ものだったかも。

舞台はゼッフィレッリによるものだから新味はないものの、豪華極まりない。こんな絢爛な発想が西洋にはあるのだと、改めて思い知りました。変な話、音楽に集中するのが惜しいくらいのものでした。いつもよりチケット代が高いのもやむを得ないか。

 

【指 揮】パオロ・カリニャーニ
【演出・美術・衣裳】フランコ・ゼッフィレッリ
【照 明】奥畑康夫
【振 付】石井清子

【アイーダ】イム・セギョン
【ラダメス】ナジミディン・マヴリャーノフ
【アムネリス】エカテリーナ・セメンチュク
【アモナズロ】上江隼人
【ランフィス】妻屋秀和
【エジプト国王】久保田真澄
【伝令】村上敏明
【巫女】小林由佳、ほか

【合 唱】新国立劇場合唱団
【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団

【バレエ】東京シティバレエ団、ティアラこうとうジュニアバレエ団





ma
 
パースのビッグムーン。
















PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 3
5 6 7 8 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー