忍者ブログ

山田和樹指揮 読売日本交響楽団 演奏会

2016.04.23 - 演奏会

ma



2016年4月23日、東京芸術劇場

オネゲル「パシフィック231」
グリーグ ピアノ協奏曲
 ピアノ:小山実稚恵
チャイコフスキー 交響曲6番「悲愴」


指揮者の山田和樹は「ヤマカズ」という愛称で親しまれているようだ。でも、私の世代の「ヤマカズ」といえば山田一雄。彼は昔、東京フィルにたびたび客演をしていた。
30年以上前のある夜、「展覧会の絵」などをやったコンサートの終演後に出待ちをしていたら、たったひとりで楽屋口から出てきた。取り囲むファンは、誰もいなかった。なので、感想などをお話させて頂いた。とても気さくで感じのいい老紳士だった。

なので、新進気鋭の指揮者が、「ヤマカズ」を名乗るにふさわしいのかどうか(?)、それに着目した。

オネゲルは、今日、最も密度の濃い充実した演奏だったかも。
アンセルメに献呈されたことが納得できる、数理的なリズムで構成されたこの曲を、山田はスムーズかつ緻密に再現しており、機関車の疾走といった副題感がなくとも楽しめた。


ma



グリーグにおける小山のピアノは、本コンサートの白眉と言っていいだろう。いささか硬質な響きは曇りなく、大ホールをくまなく覆い尽くした。速いパッセージでも音が固まらず、ハラハラとほぐれているあたりは、名人の技。
特に2楽章は、ピーンと張り詰めた霊気が漂っており、背筋が痺れた。
少し注文をつけると、オーケストラの音が大き過ぎる。

「悲愴」は、後半が良かった。3楽章は、大行進曲に至るまでの過程で、クラリネットやピッコロがなにげに見え隠れするが、シリアス過ぎずコミカル過ぎず、いい塩梅でユーモアを帯びていて楽しかった。
4楽章は熱演。弦楽器は号泣。あからさまではあるけれど、こんな豪速球のやり方もありだろう。

全体を通して、山田の指揮は各パートを存分に鳴らせて剛直。細かい指示をマメに出していることは見ていてわかった。ただ、オーケストラが振り慣れた日フィルでなかったことから、行き渡らなかったのではないか、というのは憶測。



ma



いずれにせよ、元気が良くて、気持ちはいい。
「ヤマカズ」の後継者として、大きな期待をする。






ma
 
春。






PR
   Comment(1)    ▲ENTRY-TOP

Comment

お早うございます… - rudolf2006

芳野さま お早うございます

ヤマカズというと、山田一雄ですね
私に取っても、大学のオケに振りに来たときに、あまりに小さいので驚きました、爆
大学の近くに、ヤマカズのお兄さんが住んでおられました
ホントにそっくりだったですよ、一度だけお宅にお邪魔しました
もう何十年も前の思い出です

今の「ヤマカズ」 まだ一度も聴いたことがありません
今後聴く機会があるようにと思っています
自分の世界がどんどんと小さくなっていくように感じていますので… 爆
ミ(`w´彡)
2016.04.27 Wed 07:48 URL [ Edit ]

雨ですねえ。 - 管理人:芳野達司

rudolf2006さん、おはようございます。

おお、ヤマカズさんの指揮で演奏されたのですか!
素晴らしい。小柄な方ですよね。
ダンディな雰囲気があって、素敵な紳士でした。
マーラーの8番を振った昔の映像を観たことがあって、髪型がとてもいいので驚いた記憶があります。
ヤマカズのお兄さんの家、うらやましいです。
2016.04.28 08:54
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4
6 7 9 10 11 12
14 16 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カテゴリー