忍者ブログ

ノット指揮 東京交響楽団演奏会 ブルックナー"8番"

2016.07.17 - 演奏会

ma



ジョナサン・ノット指揮東京交響楽団演奏会で、ブルックナーの交響曲8番を聴く(2016年7月16日、サントリーホールにて)。


この曲の実演は、1982年にNHKホールで聴いた、ヨッフム指揮バンベルク交響楽団の演奏が基準になるので、かなりハードルが高い。

でも、この日のノットと東京交響楽団は、すごく完成度の高い演奏を聴かせた。

奏者の技術、そして指揮の技巧という点では、世界を見渡してみても負けないくらいに高く(強いて言えば、トランペットが弱かったように思うが)、そうそうあるようなレベルではなかったと感じる。
テンポの適切さ、そしてうまい具合に収縮する変化は、自然と腑に落ちる見事な捌きであった。


ma


技術的に最も難しいであろう、ホルンとチューバ、トロンボーンはピアニシモも難なく吹きこなし、思わず背筋が伸びた。
各楽器間のバランスがいいから、金管が最強音を出しても、けっしてうるさくなかったし、響きに透明感すらあった。

じっくりと粘りに粘ってのフィナーレ、最後の「ミ・レ・ド!」は、もっとゆっくりやって欲しかったが、これは好みの問題。1月にやったスクロヴァチェフスキも最後は快速だったから、これは流行りなのかな?
全体を通しては、堅牢にしてロマンの香りが溢れる立派な演奏だった。
 
ただ、バンベルクでのヨッフム、あるいは、NHK交響楽団を振ったマタチッチやチェリビダッケ指揮ミュンヘン・フィルのような、なんとも言い難いオーラのようなものは、希薄だったと感じる。
もっとも、あそこまでいってしまうと、もうお迎えが来ている、ということでもあるから、それを彼らには求められないだろう、とも思う。







ma
 
図書館。








PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4
6 7 9 10 11 12
14 16 17 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カテゴリー