忍者ブログ

若杉の武満「ヴィジョンズ」

2008.05.31 - 武満

takemitsu

武満徹 管弦楽曲集 若杉指揮東京都交響楽団


マイケル・ラドフォード監督の「ヴェニスの商人」を観る。
意外にも、これが「ヴェニスの商人」の初映画化だという。映画のストーリーは、原作にほぼ忠実。
当時のヴェニスを再現した映像は、重厚で色彩感あふれるもの。
見どころは、リン・コリンズが演じるポーシャの男装。威厳はなくて、ひたすら可愛らしくて微笑ましい。
これをみてホンモノの法律家と信じるのは、チトつらいかもしれないが、可愛ければいいか。
アル・パチーノのシャイロックは、抑えに抑えた演技。最後の心の叫びは、もっと派手に演出してもよかったのじゃないかと思う。シャイロックには、もっと暴れてほしかった。


武満の「ヴィジョンス」を聴く。
武満がシカゴに滞在していた頃、豪雪で空港が閉鎖になっったらしい。
余儀なく足止めされたときに、美術館に通っていたという。その美術館で感銘を受けたのが、ルドンの作品。
そのあと、シカゴ交響楽団から作曲の委嘱があって、「是非、ルドンの絵画に因んだ作品を書きたい」と思ったことが、この作品の生まれた経緯であるとのことである。
「ヴィジョンズ」は、「神秘」と「閉じた眼」の2曲からなる。それぞれ、ルドンの晩年の作品から発想されている。
1曲目の「神秘」は、全編が「トゥーランガリラ」にとてもよく似ている。響きの醸し出す空気もさることながら、主旋律については、ほとんど同じなのじゃないか。
絶対に「トゥーランガリラ」に影響を受けているに違いない。
響きは、こちらのほうがより先鋭的ではある。
「閉じた眼」は、ふくらみがあって静かな音楽。部分的に、沸騰するような劇的なシーンがある。
武満の音楽は、オーケストレーションの色使いが独特だ。贅沢に楽器を使っていて、多彩な色があるけれども、感触は墨絵のように質素なのだ。


1991年、東京での録音。
PR
   Comment(1)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

無題 - rudolf2006

吉田さま お早うございます

いつものように、未聴のままのコメントです。
「ベニスの商人」面白そうですね〜
アメリカの映画俳優は、しっかりと訓練を重ねていること、衛星のインタビュー番組を見るとよく分かりますよね。やはり、演劇が生きているのでしょうか? 日本の新劇は、楽しむという段階までは来ていないような気がしますね、台詞が面白くないんですよ、爆〜

武満、評価が高いですよね
私は映画音楽が一番好きですね、何とも言えず、シャープで、それでいて、映画の内容につかず離れず、本当に良い仕事をしていると思います。そういえば、武満だけでなく、黛も良い仕事をしていますよね、映画音楽、あの頃は、日本映画もお金をかけていたんだと思いますね〜。

ミ(`w´)彡
2008.06.01 Sun 06:18 URL [ Edit ]

Re:rudolf2006さん、こんばんは。 - 管理人:芳野達司

コメントありがとうございます。

「ベニスの商人」、なかなか面白かったです。
アル・パチーノは、シェークスピアに造詣が深いそうです。ユダヤ人であるシャイロットの、落ち着きのある演技が見ものでありました。

武満、世界的に評価が高いと言われていますが、録音しているのはほとんど日本人なので、今ではローカルなのかもしれません。
映画音楽はいいですね。「怪談」とか「切腹」は彼の作品だったと思います。彼が音楽を担当するのだから、一時期の日本映画のボルテージは高かったのでしょう。
シャープな作風、尺八や琵琶とオーケストラの組み合わせがなんとも斬新に感じます。そういう意味では、「ノヴェンバー・ステップス」は今聴いてもとても新しいですね。
2008.06.01 21:36
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 7 8
10 11 14
16 17 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー