忍者ブログ

中日優勝

2006.10.10 - 日記
2年ぶりの優勝です。
前回の優勝から、こんなにスパンが短いのはドラゴンズ史上初めてのことですが、実に嬉しい。
かつての常勝ジャイアンツ・ファンの気持ちが少しわかりました。
ここ1ヶ月はタイガースが全然負けなくて、とても厳しい戦いが続きましたが(おまえは監督か)、ようやくほっとした。


胴上げ


一番の勝因は、落合監督の勝利に徹する采配だろう。ある意味で、これほど勝利に貪欲な采配をする監督は、西武時代の広岡-森ライン以来ではなかろうか。他球団のファンから見たら、つまらなかっただろうな。でも、ファンとすれば、勝てばいいのだ。こういう理屈が実に今回よくわかった。
まず、井端と荒木の二遊間の鉄壁の守備。このディフェンスで、どれだけ投手が助かったかわからない。
そして、岩瀬、平井をはじめとする、中継ぎと抑えの安定感。彼らが出てくれば、もう勝ちを保証してもらったようなものだった。仮に打たれても、彼らだったら「仕方がないか」と、諦めさせてくれるような雰囲気があった。
川上も、後半はちょっとバテてしまったけれど、これだけ勝っていれば文句のつけようがない。
あとは山本昌。41歳でノーヒット・ノーランを達成するなんて! もう信じられない男である。あの偉業で、優勝への拍車がかかったものだ。
福留は前半ケガに泣いたが、出ている時はコンスタントに良く打った。チャンスに強かった。ウッズは期待以上の活躍だ。エライ。このふたりで3冠王だもの。

次の目標は、日本一。
実現すれば、実に52年ぶり。
相手はファイターズでもホークスでもいい。
勝たせてね。
会社休んで、名古屋に行こうかな!
そこまでしないか…。




★音楽blogランキング!

★にほんブログ村 クラシックブログ




無料メルマガ『究極の娯楽 -古典音楽の毒と薬-』 読者登録フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。




登録フォーム



解除フォーム




PR
   Comment(1)   TrackBack(1)    ▲ENTRY-TOP

Comment

無題 - tokupi

あぁ。。今日は飲み明かします(笑)
読みながら『うんうん』とうなずいてしまいました。ほんと、日本シリーズ、生で見たいですよね。。
ぼくが彼らに会えるのは、来春の北谷キャンプ(T_T)
祈りよ届け!日本一☆
2006.10.11 Wed 03:35 URL [ Edit ]

Re:tokupiさん、こんにちは。 - 管理人:芳野達司

つらく長い戦いでした。一時は2ゲーム差まで追い上げられました。
落合監督の涙のインタビューは感動的でした。
今年は1回だけ、東京ドームで彼らを観ることができました。強かったです。
名古屋と札幌か福岡…日本シリーズに行くのは難しいですが、今年は日本一、いけるでしょう!
2006.10.11 07:41
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →

C・クライバー/バイエルン国立o  シューベルト sym3

久しぶりに出たヨ。 カルロス・クライバー。 だって、シューベルトの3番といえば泣く子もよけいに泣く(?)、カルロスに決まりでしょ。 昨日のシュタインの演奏もふくよかで良かったのだが、このカルロスの演奏を聴いてしまうとなんだか急に色あせてしまうなぁ。 カルロ...
守口フィラデルフィア管弦楽団研究会 2006.10.12   03:49
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
3 5 6 7 8
9 10 12
18 20
24 25 27 28 29
30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
ロストロポーヴィチ、チャイコフスキー"5番" from:rudolf2006
-07/21(Fri) -
インバル指揮 東京都交響楽団演奏会、"大地の歌" from:アソー
-07/19(Wed) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:本が好き!運営担当
-07/04(Tue) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:yoshimi
-07/01(Sat) -
カラヤン、プッチーニ、"ボエーム" from:neoros2019
-06/24(Sat) -
カテゴリー