忍者ブログ

"夢想る"、ショルティ、"アイーダ"

2015.10.24 - ヴェルディ
ma
 

東野圭吾の連作短編集「予知夢」から「夢想る」(ゆめみる)を読む。

「予知夢」を読んでいる最中だが、作品によってムラがある。なかには「おいおい、いくらなんでもこれはないだろう」というものもあるが、「夢想る」のトリックはなかなか読ませた。
犯人が小学校の頃に憧れた女に対してストーカー行為をしている。その女は女子高生。ただ、犯人が小学生の頃にはまだ女は生まれていなかった。犯人は予知夢を見ていたのか? という筋書き。おなじみ湯川博士が謎を解き明かすまでわけがわからなかった。

娘の母親が猟銃で犯人を撃ち殺そうとするあたりは、ややトンデモなのであるが。






ショルティ指揮ローマ歌劇場の演奏で、ヴェルディの「アイーダ」を聴く。

ショルティは剛腕だとよく言われるけれども、シカゴに就任してからはかなり大人しくなったと思う。なので、彼の超攻撃的な音楽を聴くのであれば50年代~60年代のものがいい。この「アイーダ」は1961年の録音であるから、もってこいである。

ローマのオーケストラはじゅうぶんにうまい。音色はヴァイオリンをはじめとして雰囲気がある。緻密さにいささか欠けるものの、勢いで聴かせる。凱旋行進曲のトランペットの、なんという鋭さ。色とりどりの豪奢さがあり、響きは鋭角的。鳴りが気持ちいい。

歌手もスゴイ。濃ゆいのだ。プライスもゴールもなんとも豊満な声。花咲き乱れる恋の国を逍遥するというには成熟しすぎている感も。ヴィッカーズはテノールであるのにずいぶんと恰幅がよい。
オーケストラともども、祝祭的な雰囲気がむせかえるよう。聴いて元気が出る演奏である。

レオンタイン・プライス(ソプラノ:アイーダ)
ジョン・ヴィッカーズ(テノール:ラダメス)
リタ・ゴール(メゾ・ソプラノ:アムネリス)
ロバート・メリル(バリトン:アモナズロ)
ジョルジオ・トッツィ(バス:ランフィス)、他
ローマ歌劇場管弦楽団&合唱団

1961年7月、ローマ歌劇場での録音。



ma
 
スワン河。





重版できました。




「ぶらあぼ」4月号に掲載されました!







PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3
5 6 8 10
13 16 18
20 21 22 24 25
26 27 28 29 30
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー