忍者ブログ

バイロン・ジャニス、ラフマニノフ、"ピアノ協奏曲3番"

2017.09.23 - ラフマニノフ

bizet



バイロン・ジャニスのピアノ、ドラティ指揮ロンドン交響楽団の演奏で、ラフマニノフのピアノ協奏曲3番を聴きました(1961年6月、ロンドンでの録音)。


文句のつけようのない演奏です。
ジャニスのピアノのリズムのよさ、丸みを帯びた音色のニュアンス、スピード感。そしてドラティは万全のサポート。

タイムは、アルゲリッチ/シャイーのライヴ盤よりも速い。命を削って疾走するような勢い。それでいて、まったく危なげがありませんし、タッチはおもいのほか柔らかくて、音は粒立っている。じつに安定しているし、たっぷりと強弱の変化をつけているので、せかせかしたところは皆無。余裕があるところがニクい。2楽章は濃厚にロマンティックだし、3楽章は疾風のごとく駆け抜けます。
全体的に、ホロヴィッツ/オーマンディよりも響きはマイルドです。
ロンドン交響楽団も好調。弦楽、木管、金管、打楽ともにキレがあり、大胆にして繊細、緻密。








ma
 
パースのビッグムーン。













PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1
3 5 6 7 9
11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
カテゴリー