忍者ブログ

ペライア、モーツァルト"ピアノ協奏曲第27番"、母の死

2011.12.10 - モーツァルト
 
mo

モーツァルト「ピアノ協奏曲第27番」 ペライア(Pf、指揮)イギリス室内管弦楽団



ペライアによるピアノ協奏曲全集からの1枚。もっとも、全集を持っているわけではなくて、全部聴いているわけでもない。
20番代のいくつかの演奏は、いずれも自然な流れと、丸くて広がりのある音色、そしてスパイスをきかせた即興的なフレーズの洒落た面白さがあるものだ。
27番は、そんな素敵なピアノに加えて、イギリス室内管がすばらしい。弦は春の雪解けの水のように澄んでいてつややか、木管はいくぶんくぐもった響きがシブく、チベットで仏教をささやく鳥のようだ。
残響が多めの録音が、今の気分には合っている。






apple



母の葬儀が終わって、一息。心不全による急逝だったので、やたらと慌ただしかった。葬儀の準備の忙しさは、悲しみを紛らわすためのものと聞いたことがあるが、確かにそういうものかもしれない。
母は合唱をやっていた。以前は辻さんのクラブに所属していた関係で、カテドラルで朝比奈の指揮によるブルックナーのミサ曲を歌ったことがあった。あれはなかなかいい演奏だったし、レコードにもなったものだけど、どこにいってしまったか。落ち着いたら探してみよう。


1979年の録音。
PR
   Comment(2)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

お早うございます〜 - rudolf2006

吉田さま お早うございます〜

お母さまがお亡くなりになられたんですね
ご冥福を心からお祈りいたします。
お疲れが出ませんように〜

私の老父母はまだ元気に二人でやっていますが、近いうちに見送らなければならないのでしょうね

ペライアの演奏、気にはなっているのですが、ブラームスの「ヘンデル・ヴァリエーション」を聴いてから、う〜〜んと思ったりも〜
ただ、こちらの状態によっても、同じ演奏がかなり変わるということを何度も経験していますので、色々と聴きたいと思っていますが〜。
2011.12.11 Sun 09:21 URL [ Edit ]

Re:rudolf2006さん、こんばんは。 - 管理人:芳野達司

お悔やみ恐れ入ります。
自宅でポックリだったので、警察の検案がありゴタゴタしていました。享年74歳、いささか早いですが、あまり苦しまなかったようなので、そこはよかったのかと思います。

ペライアというピアニスト、わたしも気になっていて、ときどき聴きます。ベートーヴェンのコンチェルトは、悪くはないものの、あまりピンときませんでした。
いままで聴いたなかでは、モーツァルトは好きな演奏です。
2011.12.11 17:37

死と隣り合うモーツァルト - neoros2019

昨日御茶ノ水ディスクユニオンで全集を買い求めました。
この度のあまり軽くない病に伏して、モーツァルトを聴きまくっています。宇野氏が亡くなったことも拍車をかけたようです。
コアなモーツァルトファンの中ではこのペライア盤とシフ盤が全集ではベスト2になっているようです。
そんなペライア全集がディスクユニオンで12枚組CDが1600円で購入できました。
録音、リマスタリング、演奏ともに超高水準です。
2016.06.25 Sat 08:15 URL [ Edit ]

neoros2019さん、こんにちは! - 管理人:芳野達司

ペライアのモーツァルトのコンチェルト全集が1600円とは、、、安いですねえ。そういう出物があるから、ユニオンは見逃せません。
来週の火曜日に御茶ノ水で飲み会があるので、ついでにユニオンに行きます。
楽しみです~。
2016.06.25 14:23
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4
6 7 9 10 11 12
14 16 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カテゴリー