忍者ブログ

「フィガロの結婚」全曲聴き通し計画(最終回)

2006.09.13 - モーツァルト
モーツァルト

モーツァルト「フィガロの結婚」E・クライバー指揮ウイーン・フィル他大勢


オペラに対する造詣は、器楽曲のそれに輪をかけて浅い私が何年かぶりに挑戦したのが「フィガロの結婚」。
全曲聴き通し計画から数ヶ月。数あるCDの中から選んで選んで選び抜いたのがE・クライバーの盤である。
これはちょっと前に知って、久々に血が騒いだCDである。
モーツァルトの4大オペラ全曲が1847円、しかもベーム、クライバー、クリップス、フリッチャイで聴くことができるなんていうことは、世も末、じゃなかった、ある意味で暴挙である。
音楽録音の著作権がちょうど切れる時期だということが関係あるのだろうか、ともかくありがたいことである。

E・クライバーの「フィガロ」は、もともとLPで所有していたのであるが、ずいぶん昔に1、2回聴いただけで実家の倉庫に埋もれている状態なので、CDで買い直しても、価格を考慮すれば全然問題ないのだった。
ちょっとワクワクしながら、CDをターンテーブルに乗せる。聴こえてくる音楽は、まさにウイーン・フィルである。序曲の、ホルンとオーボエたちが溶け合う音を聴いただけで、心も体もこの音楽に引き込まれた。
歌手はシエピ、ギューデン、デラ・カーザといった往年の名歌手たち。私はひとりひとりの経歴やどんなスタイルの人なのかを知らないが、彼らの歌うアリアのひとつひとつが、少々時代がかっているけれども、とても甘美で、手触りの暖かい歌であると感じる。とくにギューデンの可愛らしいスザンナは良い。

でも、なんといってもこの演奏の主役はウイーン・フィルだろう。コクがあるがキレはない、楽観的で贅沢な音が、この豪華なモーツァルトの音楽にはまっているでのある。
もともと嫌いなオケではないが、ここ30年くらいの録音で聴くことができる音とは、濃さが違う。
この半世紀前のデッカ録音は、ウイーンのコーヒーやザッハトルテのようなべったりとした濃厚な甘さとほんのり苦みばしった味に満ちていて、こんな甘美な音楽を聴くためなら酒をやめてもいいくらいである。
半分嘘であるが。

それにしても、フィナーレの素晴らしさときたら。
久しぶりにきた。
金玉の裏から背中にかけてビリビリと電流が走った。ムラヴィンスキーの「ワルキューレの騎行」以来である。信じられないくらいの速さ。ぶっちぎりのプレストである。この快速感こそは、
モーツァルトの醍醐味である。

その勢いを駆って、ベームのコジもさきっちょだけ聴いた。
とてもいい演奏の予感。




★音楽blogランキング!

★にほんブログ村 クラシックブログ




無料メルマガ『究極の娯楽 -古典音楽の毒と薬-』 読者登録フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。




登録フォーム



解除フォーム



PR
   Comment(5)   TrackBack(2)    ▲ENTRY-TOP

Comment

無題 - 林 侘助。

お晩です。おじゃまします。

このボックス、先週東京に行ったときに探せなくて、買い損ねました。欲しいなぁ・・・でも、フリッチャイの「魔笛」はDG盤所有済み・・・またダブり買いになりそうです。

父クライバーの「フィガロ」、抜粋しか聴いたことはないんです。そんなにエエでっか?楽しみにしておきましょう。
2006.09.13 Wed 22:25 URL [ Edit ]

Re:林 侘助。さん、こんばんは。 - 管理人:芳野達司

フリッチャイ以外はウイーン・フィルで固めたこのボックス、フィガロとコジの一部をようやく聴き終えました。フィガロはオケと歌手のバランスがとえもいいです。コジは1幕だけ聴きましたが、古いわりに録音は良く、ウイーン・フィルの魅力が炸裂です。
クリップスと、それから好きなフリッチャイはもったいないので来週にとって置いています(笑)。
2006.09.13 22:36

無題 - ダンベルドア

こんにちは
これで,全曲はいっているんですか?

私もE.クライバーのフィガロはLPで持っている口で,もうその頃のウィーンフィルの音といったら,まさに類を見ないですね。
他のも興味あります。安いですね!ぜひ買います。
2006.09.14 Thu 13:26 URL [ Edit ]

Re:ダンベルドアさん、こんばんは。 - 管理人:芳野達司

コジは2枚、フィガロ3、ドン・ジョバンニ3、魔笛2という内容です。クライバーの素晴らしさを再認識しました。音質も問題ありません。
フィガロの他はコジの1幕までしか聴いていませんが、これもかなりいいようです。
HMVで購入しました。お買い得感があります。
2006.09.14 21:00

無題 - Niklaus Vogel

吉田さん、こんばんは!TBありがとうございます。
序曲のこと、歌手全体のこと、ギューデンのスザンナのこと、まったく仰るとおりだと思います。
私はもう序曲だけで胸が張り裂けんばかりの快感を得てしまいました。
2006.09.15 Fri 22:27 URL [ Edit ]

Re:Niklaus Vogelさん、こんばんは。 - 管理人:芳野達司

このCD集は絶品です。お教え頂きありがとうございました。
「コジ」も第1幕を聴き終えました。レチタティーヴォのチェンバロを聴くと、「フィガロ」よりも録音は冴えていますね。私は「コジ」をあまり知りませんが、これは相当良さそうです。
2006.09.15 22:38

無題 - 望 岳人

こんばんは。遅ればせながらこちら紹介されているボックスセットを入手して楽しんでおります。50年前の録音とは言え、素晴らしい演奏揃いで満足です。
2007.08.08 Wed 21:56 URL [ Edit ]

Re:望 岳人さん、こんばんは。 - 管理人:芳野達司

コメント、ありがとうございます。

このボックスは昨年に購入したCDのなかでも一番の収穫でありました。「フィガロ」はもう半世紀以上前の録音なのにステレオということもあり、聴き応えのあるいい演奏です。歌手はいい上に、ウイーン・フィルのとろけるような音色、なにひとつ不満のないボックスです。
2007.08.08 22:38

無題 - 名無し

キレがないとはどういう耳…
2008.09.08 Mon 07:52 [ Edit ]

Re:名無しさん、こんにちは。 - 管理人:芳野達司

「キレがない」というのはたしかにちょっと違うな…
2008.09.10 12:48
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →

モーツァルト 「コシ・ファン・トゥッテ」 ベーム 1955年5月

モーツァルトのオペラの中では、一時期から「コシ・ファン・トゥッテ」を最も愛好するようになりました。きっかけとなった録音はマッケラスのTELARC盤ですが、その後貪るようにいろいろな録音を聞いた覚えがあります。 生気みなぎるレヴァイン盤、伸びやかなベームの最...
音楽鑑賞雑記帳 2006.09.15   22:28

モーツァルト 生誕200年記念の名録音による4大オペラ全曲集 10CDボックスセット

昨年のモーツァルトイヤーにはほとんどモーツァルトの新録音(ムターのVnソナタや協奏曲などがめぼしいところだったろうか?)は聞くことがなかったが、EMIの宗教曲集を除いてモーツァルトのディスクとして欲
日々雑録 または 魔法の竪琴 2007.08.08   21:52
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
3 5 6 7 8
9 10 12
18 20
24 25 27 28 29
30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
ロストロポーヴィチ、チャイコフスキー"5番" from:rudolf2006
-07/21(Fri) -
インバル指揮 東京都交響楽団演奏会、"大地の歌" from:アソー
-07/19(Wed) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:本が好き!運営担当
-07/04(Tue) -
恩田陸、"蜜蜂と遠雷" from:yoshimi
-07/01(Sat) -
カラヤン、プッチーニ、"ボエーム" from:neoros2019
-06/24(Sat) -
カテゴリー