忍者ブログ

マゼールのマーラー交響曲第5番

2006.08.06 - マーラー
マーラー第5

マゼール/マーラー交響曲第5番


マーラーの第5は、1901年にヴェルターゼ湖畔で着手され、翌年に完成された曲。

湖畔…。
マーラーは当時著名な指揮者でもあったから、経済的な余裕があり、だから湖畔とか温泉とか海辺とかで作曲活動が行えたのであろう。

ところで、明治から昭和初期にかけてのわが国の小説家も、なにかあるたびに箱根や伊豆の温泉地に赴いて療養している。
作家というのは貧乏であるはずなのに(?)、何故あんなに温泉三昧ができるのか?
本当は金持ちだったのか、あるいは宿賃が思ったより安価なのだろうか?

「男はつらいよ」の寅さんもそうだ。
年がら年中旅をしていて、小汚くはあるがきちんとした宿に泊まって、毎晩晩酌をしている。
映画の中では寅さんはいつも金がない、という設定になっているはずだが…テキヤというのは儲かるものなのだろうか。
寅さんの泊まる部屋はいつも個室であるので、安くても3000円以上はかかると思われる。
それに3食+晩酌を約2000円から3000円に切り詰めるとすると、1日あたり大体5~6000円程度の収入があれば、このような生活はできそうだ。
寅さんが貯金なんかするはずがないし、税金や保険も払っていないだろうから。


さて湖畔で作曲された交響曲。
マゼールの演奏は、テンポを遅めに設定した、がっぷり四つの相撲。マゼール流の直球勝負である。
ティンパニ、ホルンを始めとしたウイーン・フィルの濃厚な響きがおいしい。
演奏は、マーラー芸術の折り返し地点ともいうべき第3楽章がいいと思う。マゼールのほのかなケレン味が私のストライク・ゾーンにぴったりはまってしまった。
他の楽章は、まあ淡々と流れてゆく。
難点をあげるとすれば第2楽章。編集のミスのせいなのか、音場が安定しておらず、聴いていると眩暈がしてくる。
これはマゼールのせいではない。




★音楽blogランキング!

★にほんブログ村 クラシックブログ




無料メルマガ『究極の娯楽 -古典音楽の毒と薬-』 読者登録フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。




登録フォーム



解除フォーム



PR
   Comment(2)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

無題 - naoping

たまにはコメントしますねー。
私は前から不思議に思っていました。それは「すごーく貧乏な家」に生まれた子が、その国で有名な「ナントカ音楽院」に入学できて作曲家になってしまうことです。寅さんの比ではない、謎です。
2006.08.07 Mon 22:09 URL [ Edit ]

Re:naopingさん、こんばんは。 - 管理人:芳野達司

その作曲家になったヒトは、幼い頃に通りがかりのお金持ちの目に適って、そのパトロンの援助でのし上がったのでは。こういうパターンは多いと聞いています。私もお金持ちと知り合えたならジンセイ変わっていたかもしれません。まだチャンスを伺っていますが(笑)
2006.08.07 22:31

無題 - mozart1889

マゼールのマーラー全集は、全体的にマゼールらしからぬまともな演奏が多いんですが、この5番もそうでした。ウィーン・フィルはとても美しいですし、録音も上々(確かに第2楽章は少し変ですかね)で、聴きごたえがあります。
アダージェットや終楽章は面白く聴けました。
2006.08.08 Tue 09:21 URL [ Edit ]

Re:mozart1889さん、こんにちは。 - 管理人:芳野達司

マゼールのマーラーは、3~5番を聴きました。確かに、マゼールらしからぬまともなものですね。なかでも第5は横綱相撲なので、少々驚きました。ウイーン・フィルの音をうまく引き出していますね。いつか「第九」を聴いてみないと。
2006.08.08 17:38
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4
6 7 9 10 11 12
14 16 17 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ポチっとお願いします(´_`\)  ↓ ↓ ↓
最新コメント
カテゴリー